わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

おすすめのおまとめローン

おすすめのおまとめローンを紹介じゃ。
il36

おまとめローンとは、複数の業者からの借入を一本化して毎月の返済額を下げたり、いっぺんに返していって支払総額を減らそうという大変便利な商品です。特に何社からも借り入れがあって口座振替にしていない場合ですと、自分で何社も廻ったり、ATMで返済したりと、すごく面倒ですよね。

現在は、おまとめローンは銀行だけではなく、消費者金融系からも出ていますので「金利」や「融資までのスピード」などを比較して選ぶことができます。

メリットとしては借入をひとまとめにできますし、新たに借り入れができない分、金利も安く設定されています。

おまとめローンで一番おすすめなのはどこですか?ということですが、三井住友銀行カードローンはおまとめや借り換えにも利用可能とホームページに明記されていますので安心して申し込めます。
もともと限度額を大きく設定してくれるということでは定評がありますので、申し込み時にはそんなつもりはなくても気が付いたら他の金利が高いところを返済して三井住友銀行をメインで使っているという人も多いです。
しかも低金利で高限度額でメガバンクな上に審査時間も短いと文句のつけようがありません。
限度額は300万円までは収入証明書が不要ですので面倒なことも少なくて済みます。
キャッシュカードでもそのまま借りれます。

おまとめローンを現実的に考えるのであればオリックス銀行カードローン


ミスターカードローンプレミアムコースをご紹介してまいりましたが、なかなか条件が厳しく審査に通らないといった声も多く聞かれます。
実際に利用するのに現実的なおまとめローンとして考えると、オリックス銀行カードローンが魅力的です。

300万円を超える借り入れですと金利は最大でも8.8%ですので、複数社から金利18.0%ずつで借りるよりも支払う利息は半分未満で済みます。
300万円以下の借入には所得証明書も原則不要ですので借り入れするのに敷居が低い銀行カードローンとも言えます。

加えて担保保証人も不要、口座開設も来店も不要ですのでおまとめローンをするにしてもスムーズに利用できるカードローンであるといえます。

おまとめローンのデメリット
A5C7A5E1A5EAA5C3A5C80012

何社からも借り入れしている今の借金をひとつにまとめられたら楽になるのにな…と願う人にとって、おまとめローンはとても魅力的な商品に見えます。
ですが、良いことばかりで、デメリットのない金融商品って存在するのでしょうか?

「おまとめローンの現実っていったいどうなってるの?」

おまとめローンは、うまく利用すれば返済が楽になるのは間違いありません。

しかし、ここではあえておまとめローンのデメリットに触れていきます。おまとめローンを検討中の方には、ぜひ読んでいただきたいと思います。

トータルの支払額が増えてしまう

今よりも金利の安いおまとめローンに借り換えたにもかかわらず、知らないうちに損をしているケースというがあります。代表的なのは、長期の返済プランを選択したために返済期間が延びて支払利息の合計が増えてトータルの支払額が増えてしまったというケースです。

毎月の返済額が減っても、トータルで支払う額が増えてしまってはなにをやっているかわかりませんから、目先の返済額だけでなく、合計の返済額と返済期間を意識したうえでおまとめローンを選びましょう。

おまとめローンに乗り換えても、支払総額が減らなければ無意味じゃ。
審査に時間がかかる

おまとめローンの場合はどうしてもまとまった金額の借り入れになりますのでその分審査時間がかかってしまいます。
即日融資もまず無理で、2~3日は審査に時間がかかると考えておきましょう。

金利が下がらないこともある

100万円以下の借り入れの場合はたとえおまとめローンになったとしても金利が下がらない場合もあります。
ただ、借入先を1つにまとめたことで返済の手間は減りますし、月々の返済額が減るように契約をしてもらえます。

専業主婦には借り入れ制限が


専業主婦の場合は10~50万円の借り入れ制限があります。
総量規制がありますので消費者金融からは借りる事ができませんが、銀行カードローンであれば借りれるところもあります。

借り換えやおまとめもその銀行カードローンの限度額の範囲内なら可能ですが、どこも50万円までと高額の借り入れは不可能です。

おまとめローンを組めたことによって安心して無駄使いをしてしまう

これもよくある話なのですが、複数からの借金で困っていた人が、おまとめローンの審査に通ると、ホッとしてしまい財布のひもが緩くなることも多いです。


やっぱりおまとめローンの審査に通るとうれしいんですよね。なんだか借金苦から解放されたような気分になってしまいます。博士の友人もオリックス銀行カードローンのおまとめの審査に通ってガッツポーズしてましたから(笑)


しかし、おまとめローンの審査に通っただけでは、まだ借金はそのまま残っています。
複数社からの借入が1社にまとまっただけで、おまとめローンで借金は1円も減りません。これからも利息を含めて返済していかなければならないのです。

多重債務に陥ると、借金を減らすには支出を減らして返済するか、たくさん働くなどして収入を減らして返済するかしか道はありません。おまとめローンをすることで多重債務から抜け出す糸口になることもありますので、デメリットをしっかり認識しておくことが大切です。

以下の2つの条件を満たせるのであれば「住信SBIネット銀行」のミスターカードローンプレミアムコースもおすすめです。
(1) SBI証券口座保有登録済であること
(2) 住信SBIネット銀行の住宅ローンを組んでいること(※)残高があること
※三井住友信託銀行の商品である『ネット専用住宅ローン』を含みます

金利が最低1.99%~7.99%とダントツで安いのがその理由です。
SBI証券口座を作ることはさほど難しくはありませんが、住宅ローンをSBI証券口座で組むというのは現実的ではありません。

ミスターカードローンプレミアムコースのメリット


利用明細の自宅郵送もありませんし、資金の使い道は原則自由ですので他社の借り換えにも使えます。
ご利用限度額は最高で1000万ですのでかなり借り入れがあるかたでもまとめられます。
もちろん総量規制の対象外になるため、年収の1/3以上であっても問題はありません。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!
レイク 4.5%~18.0% 1~500万円 ネット審査ですぐ結果表示 20.0% バンクイック 1.8%~14.6% 1~500万円 金利が1.8%~14.6%と低水準 20.0% -->