わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

確定申告!”青色申告”と”白色申告”どっちが良い?

チェックポイント その1
青色申告と白色申告どちらがいいのかまず違いを知るのじゃ。
青色申告ソフトfreee-300x199

白色申告とは事前に税務署に届け出の必要がなく、青色申請を行っていない人が使用しなければならない申告制度です。
以前は帳簿づけの義務が限定的で(確定申告を行った所得が300万円超の者にのみ限定)、確定申告の書類を作成するにも非常に簡単でした。2014年(平成26年)1月からは帳簿への記帳、記録の保存が義務化されました。複式簿記でなくてもいいので簡単です。(例:売上1000万出たとき、「1000万の売上」とだけ騎士する)

申告を行う場合には、1年間の売り上げを集計した金額から、必要経費を差し引き、所得金額を計算します。その所得金額から基礎控除、社会保険料控除などの各種所得控除を差し引き、課税所得を算出した後、その課税所得に対して税率を掛けて所得税の納税額を割り出すこととなります。

それに対して青色申告は最寄りの税務署へ所得税の青色申告承認申請書を提出しなければなりません。
そして帳簿が義務化されてますので帳簿をつけるための知識も必要になり、とても面倒です。

ですが、白色申告よりも税制面で優遇があります。
まず1つに帳簿付けを複式簿記で行っていれば、65万、簡易簿記で行っていれば10万を課税される所得から差し引けます。

そして赤字の場合は、翌年以後3年間に渡り、繰り越すことができ各年度分の課税所得金額から控除できます。

経費として計上出来る面もメリットとなります。

事業主の親族を雇用する場合、親族への給与は必要経費として課税所得から差し引くことが出来ます。
オフィスを自宅としていた場合は家賃、電気代など経費として計上出来ます。

また減価償却資産(建物、機械、装置など長期にわたり使用される固定資産)は数年にかけて対応年数に応じて経費化されますが、30万未満の少額原価償却資産(パソコン、電話機など)は取得した年に全額経費として計上出来るのでその年度の課税所得から差し引くことが出来ます。

どちらがいいかと両方のメリットを考えると、手間という面では白色申告の方が良かったですが、2014年(平成26年)1月から帳簿の記載・記録が義務化されましたので、以前ほどのメリットがありません。多少面倒ですが節税という面でも青色申告をおススメします。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利年14.0%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!