わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

車検費用を借りる

車検費用はどのくらいかかる?

車検は高い順で、ディーラー、民間整備工場、カー用品店、ガソリンスタンド、車検専門店、自分で行うユーザー車検などで行えます。
どこで車検を受ける場合でも、必ずかかる法定費用

法定費用
自賠責保険 + 重量税 + 印紙代 +検査手数料
合計  約35,000円〜70,000円
(軽  〜 2トン超車)

にプラスして

 

  • 法定点検費用
  • 検査費用
  • 車検代行料
  • 修繕費

 

等が必要になります。
重量税は車の重量とエコカー減税適用車か否かで金額が変わります。

一番安くできるのはユーザー車検ですが、自分で点検と整備、書類の作成・提出等、全てをしなければいけませんので費用が安く抑えられてもそれ以上に時間を取られてしまい結局損をしてしまうので現実的ではありません。

ユーザー車検に次に安く車検ができるのはガソリンスタンドやカー用品店です。オートバックス等の車検は、分類ではディーラー等の認証工場に当てはまりますが、行なっている整備内容は、基本的に最低の整備です(ユーザー車検の代行と、それ程変わりません)。整備や部品交換の内容によって金額は変わりますが、法定費用込みで10万円前後になることが多いです。

次いで民間整備工場と車検専門店です。おおよその費用は法定費用+10万円といったところ。
ディーラーだと普通車なら20万円前後は必要になってくるでしょう。

車検費用が払えない

車検費用は高い場合には20万円にも達しますので一括で払うのが厳しい人も多いです。
しかし車検費用が高いからと言って車検を放っておくと切れてしまい、公道を走れなくなってしまいます。

車検切れの車に乗ることは違法・犯罪

車検切れの車の運転で捕まってしまった場合、
6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。
しかも一発で免許停止、の上に前科一犯もつく立派な犯罪です。

車検切れで捕まって前科が付くなんて嫌じゃろう?

コバックなどの車検チェーンでは、信販会社と提携し車検ローンを取り扱っていますので確認してみてください。
金利が年間約8.0%ですが、消費者金融で借りる事を考えると安いです。
車検をローンで支払いたい人は、ローンに対応している店をあらかじめ確認しておきましょう。ディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドなどでは対応していない事が多いです。

車検費用をまかなうには

車検の費用を用意できなかった場合でどうしても生活に車が欠かせない場合はクレジットカードやオートバックスローンを利用する方も居るかもしれませんが、それはちょっと待ってください。
クレジットカードは年15.0~18.0%、オートバックスローンは年17.0~19.0%もの金利がかかってしまいます。
大手メガバンクのカードローンであればいずれも金利15.0%未満で借りれますのでそちらの方がお得です。

まとめ

車検を通していない車を運転していては捕まりますし、何より危険です。
2年に1度の恒例行事ですのであらかじめお金を用意しておくのが理想ですが、費用が不足して借りる場合はなるべく低金利のところで借りるようにしましょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利年14.0%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!