わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

審査お金の借入審査30分で通過したい

お金の借り入れの審査を30分以内に通過して早くお金を借りたい人は多いです。

そんなとき、最も大切になってくるのが「審査」ですね。

詳しく見ていきたいと思います。

仮審査と本審査

消費者金融や銀行でカードローンを申込んだ際の審査について、仮審査と本審査と呼ばれる2段階があるのをご存知でしょうか。

参考に住宅ローンだと、融資額も大きく返済期間も30年前後と大変長いため、それだけの間返済を続けられるか見通しを立てなければいけませんから会社の計画状態や、団信に入れるよう本人の健康状態も審査の対象になります。

そこまでの審査をするには銀行側も債務者側も手間と時間がかかりますので、本格的な審査をする前に仮審査を行うのです。他社での借入れ状況や収入を調査して、融資に無理がないかを判断します。

規模は違いますがカードローンも理屈は同じで、本格的な審査に入る前に、申込者の基本情報から収入と融資額が見合っているかや、信用情報機関に照会して事故情報が無いかどうか調べます。

精密な調査でなくとも、全く話にならない場合はここでふるい落とされるのです

信用情報機関とは

各社がまず照会するのが、CICやJICCなどの信用情報機関であり、ノウハウをもつ金融機関であれば、この調査自体に手間はかかりません。

ここには各人が現在何社からいくら借りているか、延滞がないかなどが一発で分かるように登録されているのです。

申込む際に、現在どれくらい借入れしているかを尋ねられることがほとんどですが、どちらにしろ信用情報機関で確認されますので業者としては状況を知りたいというよりも、虚偽報告をしてこないか、現状を把握できているかを見ているといえます。

ここで、詳細な人物評価をする前の審査をしてしまうのが仮審査となります。

仮審査のあとは、各社の基準がある

初めてのカードローンを考えてネットで各社のことを調べてみると、審査が厳しい業者や甘い業者など、特徴が沢山あり情報が氾濫しているのを見かけます。

各サイトの信憑性はさておき、各社によって基準が違うというのは事実です。

さきほどの仮審査は、信用情報機関に問い合わせて事故情報があれば弾いたり、収入に見合った借入額かどうか常識的に判断するものですから、あまり各社で審査基準に差が出ません。

ですがその後にある本審査は、各業者の中で独自基準があり、その基準によって審査が厳しい・甘いなど評されています。

ただし審査の具体的な内容を公表するような金融機関はありませんので、憶測や統計結果などの情報が溢れるようになります。

勤務先のネームバリュー?固定電話?

審査も、融資額も、各社の独自基準によることはお伝えしてきましたが、例えばどんな基準があるのかご紹介します。

ある会社は、本人の勤務先が大手企業であったり、官公庁であったり、安定していることを重視します。また別の会社は、固定電話を引いていることを重視します。

今時は携帯やスマホを持っていますから単身者などは自宅に固定電話を引いていないことが多いですが、金融の世界では、いざというときに連絡がつくか、その住所を本当に拠点としているか、などの基準にするため固定電話を重視するのです。

どのラインが「できれば」に当たるのか

各社の重視する基準が異なる点以外に、同じポイントでも判断レベルが違います。

信用情報機関で他社の借入を確認できたとして、一体何万以上借りていたら不可と判断するのかは各社異なります。

事故情報に関しても、全くのクリーンであるに越したことはないですが、1度の延滞なら目を瞑る業者もあるといいます。

また、最近○ヶ月延滞がない、といったように期間をある程度区切って状況を判断する場合もあります。ウッカリを許さないのも健全取引の鉄則ともいえますし、1度や2度の延滞を全て除外しては借りてくれる債務者の絶対数が減ってしまうので、長い目で信用度にさほど問題がないと判断すれば審査通過となる判断も一理あります。

甘いと評判の審査に落ちることも多い

審査が比較的甘いと噂があるカードローンはあります。

ただし、そこへ申込んだからといって十中八九審査に通るものではなく、独自審査に適合しない場合も往々にあるので、もしも調べるのであれば、何を基準にするから甘い、など深堀して見ることが一応の対策になります。

審査が甘すぎると要注意

カードローンの審査は、複数受けた結果落ちてしまったりすると審査ブラックとも呼ばれそれだけで信用情報に傷がつくものですから、極力審査が甘いところでカードを作りたい、どこでもいいから早くお金を手に入れたい、そう思う方が大半です。

ですが審査に通りやすい業者を探すあまり、極端に審査が甘い業者に申込んでしまわないよう気をつけてください。

金利が違法に高かったり、きちんとした契約を結んでくれない闇金の可能性があります。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利年14.0%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!