わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

カードローンで失敗しないためにどうすればいいか。カードローンを利用する際の注意点とは?!

カードローンはカードを使って、自由に引き出せるのでとても便利なサービスじゃ。
076

とても便利なカードローンサービスも賢く、上手に利用しないと失敗してしまいます。利用にあたってもっとも注意しておきたいことは限度額に関してだと言えます。

利用限度額は出来るだけ少ないほうが良いです。実際に借り入れるときは必要な金額よりも少し多めに借りることになるものですが、これは本当に少しにしましょう。

例えば、家賃を用意するのに、50万円もの利用枠は必要ありません。余程の高級マンションでもない限り、10~20万円もあれば間に合うはずです。

利用枠があるとついつい使いたくなってしまうのが人の心理なのです。利用枠を少なくしておけば、それ以上は借りることが出来ないので、借りすぎを防ぐことができるのです。また、複数のカードを作るのも避けるべきでしょう。

30万円が必要ならば、1社から30万円を借りたほうが良いでしょう。たとえば3社から10万円ずつを借りた場合などは、返済も別々になってしまい、かなり面倒なことになってしまいます。

月に返済日が3回もあると、返済のたびにATMや窓口に行くか、引き落としされる銀行口座に入金しておかないといけなくなります。

借入先が1社だけなら返済計画も立てるのも大変ではないです。借入先が2社、3社となってくると、返済日や返済額、金利を把握するだけでも大変です。

返済方法にも着目する必要があります。

カードローンの金利は、実質年率といって、元金に金利が発生します。そのため、毎月の返済額を増やして早期完済したほうがお得なのです。

元金が減るとその分、発生する金利も少なくなるような仕組みなっているのです。無理に毎月の返済額を増やすと、生活を苦しめることになってしますので、返済額は、無理のない金額に設定するべきでしょう。

手持ちのお金をゼロにしてまで、すべて返済に回すと、返済中また借り入れをしてしまうこともありますので、得策とは言えません。


繰り上げ返済は随時返済することができ、毎月の返済のほかに追加で返済できるのですが、手数料が発生する場合があります。

ほとんどの消費者金融では無料に設定されているのですが、一部は有料となっています。
手数料を払って繰り上げ返済をする場合には、金利の減少よりも、手数料の支払い額が大きくなる場合がありますので注意をする必要があります。


「35日ごと」という返済方式を導入している金融期間もあります。これは銀行のローンに多く、返済サイクルが長いことで月々の負担は軽減しますが、35日分の金利が発生するということを理解しておきましょう。

返済が長くなると、完済までに支払う金利も大きくなります。どんなことにも言えることですが、メリットの裏にあるデメリットを知っておく必要があります。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!