わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

無利息期間のあるカードローンと低金利のカードローンとの使い分け

すぐ返せるなら無利息期間のあるカードローンを利用するんじゃ。長く利用するなら低金利のカードローンが有利と覚えておけば大丈夫じゃぞ。
SONY DSC
無利息期間を有効に使おう

最近のカードローンには、無利息期間がある商品も多いです。これは金融機関が、気軽に借り入れてもらってその後の大きな借り入れや長い付き合いにつなげようという販売促進的な目的で展開しているサービスですので、なにか裏があるとかそういう心配はいりません。
たとえば新生銀行グループのノーローンでは一週間金利無料が、完済した状態であれば何度でもご利用いただけます。ですので給料日前にお金が足りない、つなぎで借りたいというときなどに大変便利です。
またこれならばコンビ二でATMを使って手数料を取られるよりも、無利息ですので手数料の分だけ得になります。週末などは賢く使えばずいぶんオトクです。

確実な返済のあてがあるならば無利息期間のカードローンを使いましょう

プロミスやアコムなどは30日間金利ゼロ円を行っています。金利は平均18.0%ほどですから、10万円借りると一ヶ月当たりの金利は1500円。ランチ2回分が浮く計算です。そう考えると非常にお得です。50万円なら10回分ですよ。。
借り入れをしたあとに、30日以内などに確実にお金が入ってくるあてがあるならば無利息期間のあるカードローンを使いましょう。18.0%の金利がゼロになるというのは大きいです。またその場合は借りた額だけ返すだけでいいので、ATMに手数料を支払う必要もありません。
今後も、このような初回金利無料などのサービスは増える傾向でしょう。ただし初回のお取引に限ると言う条件がある場合もありますので確認が必要です。金利がつかない期間があるからといって、他の条件が悪いとかそういったこともありません。純粋なサービスですので遠慮なくうまく利用しましょう。

返済に長期間かかるなら低金利のカードローンを

無利息期間に完済が難しいという場合は低金利のカードローンを利用した方がオトクな場合が多いです。銀行も長期の返済を見越して金利を設定しているので、法外な金利を取ることもなく、安く設定してくれています。低金利のカードローンを使って計画的に返済しましょう。金利はだいたい4.0%~14.5%程度となっております。

低金利といわれるのは実際いくらくらいから?

カードを作ったばかりの場合は消費者金融系では18.0%、銀行カードローンでは14.0%台の上限金利が設定されています。15%を切る金利であれば低金利と考えていいのではないでしょうか。もちろん銀行カードローンではそれよりも安い金利のものもありますが審査に通りづらいのでそこは現実的に折り合いを付けて行かなければいけないところです。

はじめから低金利が適用されるケース

同じ限度額でも金利が低いケースがあります。それは、そこの銀行で住宅ローンを利用していたり、給与振込みに利用していたり、公共料金の自動引き落としを使っていたりなど、その銀行での利用実績が十分にあるケースです。
ですので、ご自身が使っているメインバンクがあるのでしたら、まずはそちらで借りられるカードローンがあるかを探してみるのが得策です。
たとえばみずほ銀行でしたら、100万円限度額の場合の通常金利は14.0%ですが、住宅ローンを利用している場合に、金利が0.5%引き下げられて13.5%となります。繰り返し使っていると大きな金額になってきますので、こういった点も考慮してカードローンを選ばれるといいでしょう。

金利の数字だけにとらわれない

金利が高くても、短期間で完済すれば支払う金利の総額が低くなるケースがあります。逆に低金利でも、支払いが月々数千円で長期に渡る返済計画を立てた場合、トータルで見て高い金利を支払うことになるケースもあります。利息は日ごとにかかるからです。
ですので表面上の金利だけにとらわれずに、自分自身が月々どれぐらい返済できるかも考慮して支払い計画を立てましょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!