わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

カードローンの繰り上げ返済のやり方のススメ

チェックポイント その1
カードローンはカードを使って、自由に引き出しや返済ができるのでとても便利なサービスじゃ。
dentaku

カードローンの返済は繰り上げ返済がとても有効的です。カードローンの利息というのは借りた金額が大きいほど、返済の期間が長いほど、高くなることは誰でも知っていることでしょう。カードローンの返済方式は、「残高スライドリボルビング方式」になっていることが一般的です。これは月々の返済額が残高によって決まります。毎月の返済額を少なくなり返済が楽というメリットがあるのですが、返済期間が決まっていないため返済期間が長くなり、支払う利息の総額が高額になりがちです。そうならないために、「繰り上げ返済」をすることで利息を減らすことが出来ます。

毎月の返済額は借入残高によって決まります。金利18%のカードローンで借りた場合は10万円未満の時は4,000円、10万円~20万円の時は8,000円、20万円~30万円の時は11,000円となります。
例えば金利18%で30万借入れした場合、通常どおり返済すると5年3ヶ月になり、返済総額は約43万円になります。しかし、毎月の返済額に5,000円を繰り上げ返済した場合、返済期間は2年6か月になり返済総額は約36万円になるのです。
通常の返済と比べると返済期間は約半分に減り、返済総額は6万円も減るのです。毎月の繰り上げ返済が難しい場合でも、ボーナス月だけでも、まとめて繰り上げ返済をすることで大きな違いがあります。


カードローンの返済で5万円を年に2回繰り上げ返済した場合、返済期間が1年8か月になり、返済総額は約35万円となります。カードローンの利息は繰り上げ返済が可能であるため、繰り上げ返済のことを考えておくべきでしょう。

チェックポイント その2
借り入れから可能な限り早い段階で繰り上げ返済を行うことで返済総額を大幅に減らすことができます。

1日で全額を返せば1日分の利息だけで済みますが、ある程度まとまった金額を借り入れた場合は、現実的ではありません。しかしこういったケースでも、通常の返済額より少しでも多めに返済を行うことで、その後の支払い利息に大きな変化があります。少ない金額でも、早い時期に繰り上げ返済することは非常に効果的であるのです。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!