わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

メガバンクのカードローンだったらどれがいい?

よっしゃ、いっちょメガバンクでカードローンを作ったろか!というときにどこのカードローンを利用するのが1番いいのか分析してみようと思います。
それぞれ高品質のカードローンで高いレベルでサービスを競っているので正直優劣をつけるのは難しい話なのですが、博士なりにがんばってみました笑
ぜひご覧ください。

メガバンクのカードローンはどこもハイスペックじゃ
項目 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
金利 年3.5%*1~14.0% (コンフォート)
年3.0%*1~7.0% (エクゼクティブ)
年1.8%~14.6% 年4.0%~14.5%
限度額 最大1,000万円 最高500万円 最高800万円
審査時間 最短即日 最短30分 最短30分
融資日数 最短即日*2 最短即日*3 最短即日*3
収入証明必要額 50万円超 50万円超 50万円超
口座開設 必要 不要 不要
専業主婦 × ×
アルバイト・パート
借り換え 不可
おまとめ ×
提携ATM手数料 一部有料 無料 無料
土日の即日融資 ×
カード発行 キャッシュカード兼用orローン専用カード テレビ窓口で発行or郵送 ローン契約機で発行or郵送
借入方法 みずほダイレクト
ATM・自動融資*5
三菱東京UFJ銀行ダイレクト
ATM・自動融資*5
SMBCダイレクト
ATM・自動融資*5
返済方法 自動引落し・ATM・振込み 自動引落し・ATM・振込み 自動引落し・ATM・振込み

※1 住宅ローン利用で基準金利から金利を年0.5%引き下げられます。
※2 みずほ銀行普通預金口座を持っているのが条件です。
※3 ローン契約機へ来店し、カード発行を受けることが前提になります。
※5 返済用預金口座の残高不足により、公共料金・クレジットカード等の自動払いサービスのお引き落としができない場合に、不足金額をカードローン口座から自動で融資する機能です。

審査、借入までのスピード

三井住友銀行は最短30分で審査完了からローン契約機でのカード受け取りまたは振り込みキャッシングですぐに現金を手にできます。
契約可能時間は平日、土日両方とも9時〜21時です。
三菱東京UFJ銀行も最短40分で審査完了からテレビ窓口でのカード受け取りまたは振り込みキャッシングですぐに現金を手にできます。
契約可能時間は平日9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
以上のことから若干三井住友銀行のほうが審査時間が長い分利便性がいいといえます。

限度額

みずほ銀行が唯一の8桁で最大1,000万円まであります。
三井住友銀行が最高800万円で三菱東京UFJ銀行は最高500万円です。
どちらかというと三菱東京UFJ銀行は借りるスピードや借りやすさなどの機動力で勝負しているイメージです。
それでも限度額が500万円もあればそれはそれで十分な金額だとは思います。

収入証明書の提出

収入証明書の提出は最近はどこの銀行も50万円超~となっています。これは消費者金融と同じです。

口座開設不要

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行が口座開設不要で借り入れできます。
みずほ銀行はできません。
どちらかというと三井住友銀行のほうが口座がないことによる不便が多いですので、口座開設しないで借りたい場合は三菱東京UFJ銀行一択と憶えてください。

おまとめローン

三井住友銀行とみずほ銀行がおまとめとしても利用可能です。
三菱東京UFJ銀行はおまとめローンとしての利用はNGとなっています。

提携ATMの多さ

三井住友銀行がプロミスのATMでも利用できますし、提携ATM数も多いです。
みずほ銀行も多いのですが、一部有料の提携ATMもあるのが難点です。

金利

みずほ>三井住友>三菱東京UFJ銀行の順番です。
みずほはメガバンクの中でも1番金利が低いです。
三井住友と三菱東京UFJ銀行は金利はほぼ同じと思っておいてください。


土日の即日融資

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行で可能です。
三菱東京UFJ銀行はテレビ窓口まで行ってカードを受け取らないといけませんが、運転免許証が必要です。(土日祝は9時~17時)※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
三井住友銀行でもローン契約機まで足を運んでカード発行をする必要はありますが、運転免許証以外の保険証やパスポートなどでも通用します。(土日祝も9時〜21時)
みずほ銀行は土日の即日融資に対応していません。

まとめ

金利や限度額の面から言ってもみずほ銀行が優位だと思います。


ただ、みずほ銀行のネックは提携ATMが一部有料な点、土日の即日融資に対応していない点です。
その2点でひっかからないのであればみずほ銀行を選んで、引っかかるようであれば三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行を選んでください。

後悔しないカードローン選びのお役に立てれば博士的に光栄です。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!