わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

休職中でもキャッシングできるのか?

キャッシングの審査を受ける場合に必要になってくるのが安定した収入です。
返済能力があることをアピールすることで審査に通りやすくなります。
そこで気になるのが休職中の人。この場合の審査の通りやすさなどを見ていきたいと思います。

休職はばれるのか?

一般的には休職していることは在籍確認の電話があるのでばれてしまうと言われています。
しかしそれで終わってしまっては面白くないので、カードローン博士ではちょっと踏み込んで話してみたいと思います。

電話連絡なしで済むカードローン

在籍確認が全くないわけではないですが、電話での在籍確認の代わりに書類で済ませてくれるカードローンがいくつかあります。
アイフルとモビットです。(プロミスは原則として電話が必須となりました…。なにやら書類を偽造する人がたくさん居たとかいないとか…恐ろしい世の中です。偽造などは絶対にしないようにしましょう)
アイフルの書類での在籍確認に必要なもの
健康保険証(社保) or 直近(2か月分)の給与明細
モビットのweb完結(書類での在籍確認)に必要なもの

  • 三井住友銀行or三菱東京UFJ銀行の口座
  • 全国健康保険協会(協会けんぽ)発行の健康保険証or組合保険証
  • 源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書

ということでアイフルの方が楽に用意(保険証だけ)できます。
もちろん休職中であることを聞かれたら正直に答えるようにしてください。
ただ、このやり方であれば、もしかしたらそれを伝える前に審査が終わっているかもしれません。

休職とは?

休職とは自分の都合で会社を一定の期間休む場合のことを指します。休んでいる間の保障があるかないかも含めてその会社の規定によって違います。
似たような言葉で休業というのもありますが、こちらは会社都合で休む場合のことで、通常の給与の60%が支給されることがほとんどです。

休職していると審査に通りづらいのか

一般的には休職中だと審査に通る確率は下がります。キャッシングの審査では現在の収入があるかどうかが重要なので、例え高収入であろうとも休職中であれば審査は厳しくなってしまいます。職場に復帰する時期が決まっていないのであればなおさらです。※矛盾しているようにも思えますが、決まっていれば簡単にいくかというとそうではありません。

もしこの先休職することが決まっていてカードローンの申し込みを迷われてる方がいらっしゃったら利用しなくてもいいので申し込んでおいた方が後悔は少なくて済みます。
後で申込むのとは審査の通過しやすさに格段の違いがあります。

休職中でも審査に通りやすいケース
    • 今までキャッシングしたことが無い

今回が初めてのキャッシング利用という人であれば少しでも収入があれば比較的審査に通りやすいです。もしくはキャッシングしてても10万円以下など金額が少なければ可能性が上がります。

    • 給料が支払われている

満額もしくは、たとえ減額されている場合でも給与が支払われている場合は審査に通りやすいです。また、復帰時期が決まっていればなおさらいいです。

    • 副収入がある

普段から副業をしていて本業の仕事以外に収入源がある場合はその旨を申告すれば審査に通りやすいです。
源泉徴収票、所得証明書、確定申告書などの収入を証明する書類の提出が必要になります。
もちろん継続的に入ってくる収入でなければいけませんので競馬やパチンコなどのギャンブルやネットでゲームや洋服を売ったなどの一時的な所得は副収入とは言えません。

    • 配偶者に収入がある

本来は貸金業法に「配偶者貸付」の制度があり、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1までの借入れを行うことができます。
その際に必要な物

      • 配偶者の「同意書」
      • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))
      • (一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類

しかし現在では「配偶者貸付」を行っている大手消費者金融はありません。制度が形骸化しています。収入が無く、配偶者に収入があるのなら、専業主婦(夫)が借りれるカードローンを利用すべきです。みずほ銀行と三井住友銀行ならたとえ休業中で収入が無くても門前払いされるようなことはありません。

他の方法もある

休職中でもキャッシングしたいと思っている人は当然身近な人に借りれない状況だと思います。
しかし在籍確認が入って休職中だとばれてしまうと審査に通る自信が無いという人はどうすればいいのでしょうか?

よくあるのがクレジットカードのキャッシング枠を使うという方法です。しかしこれも大体誰でも気づくのでもう利用している人の方が多いでしょう。金利もキャッシングするのと同じくらいですし。
もう他には方法が無いのでしょうか?

実はまだあります。今借りている業者で増額をお願いしてみるのが盲点になりがちないい方法です。
増額で再審査が行われるとは言え在籍確認までする業者はほとんどありません。
こちらも検討されてみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!