わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

カードローンの契約が更新できなくなるケースとは

チェックポイント その1
カードローンの契約が更新できなくなるケースについて解説じゃ。
url

カードローンの契約期間は、銀行カードローンは1年、消費者金融系カードローンは5年がという風に決められているところが多いです。
基本的に利用方法に問題がなければ契約は自動更新されますが、支払いの延滞があったりすると更新が却下されてしまうことがあります。
そうなると返済専用のカードになってしまうので、事故のないようにきちんと返済を続けていくことが大事ですね。

それでは、どういった時に契約は更新できなくなってしまうのでしょうか?

一番多いのは返済期日を守れずに延滞してしまった時です。
しかも、督促の電話やハガキを無視したりしていたら最悪です。
こうなると金融会社はあなたのことを信用出来ない人物と判断してしまい、これ以上の借り入れが出来ないように契約更新を取り止めてしまうでしょう。

次に、退職をしたため収入が無くなってしまい総量規制に引っかかってしまった場合です。
契約更新の際に改めて収入証明書の提出が求められることがあるので、この時に退職していて収入証明書が出せなかったりすると契約更新出来ないことがあります。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!