わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

消費者金融と法律


消費者金融とは、個人への無担保・保証人なしでの金銭の貸付け(小口融資)をする貸金業者のことを指します。
出資法、利息制限法、貸金業法の元営業をしています。
ちなみに銀行カードローンは銀行法の元で営業をしていますので適用される法律が違っています。

貸金業法


貸金業を開業するには内閣総理大臣(各地の財務局)または都道府県知事に申請して事前登録が必要です。(更新は3年ごと)
破った場合は10年以下の懲役もしくは1,000万円(法人は1億円)以下の罰金、または両方が科されます。


消費者金融では年収の1/3までしか借りられないというのはよく知られていることだと思います。
いわゆる総量規制です。2010年に完全施行された貸金業法で最も影響の大きかった部分です。1社で50万円、複数社で100万円を超える貸し付けの際には、収入証明書の提出が義務づけられました。
他にも貸付条件を店内に掲示し、誇大広告等を規制したり、執拗な取り立ての禁止や、貸金業者の自主規制を強化を促すなどの多くの項目が追加・改正されました。

出資法


出資法とは「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」の略称です。
出資金の受け入れや手数料、金利などについて定めた法律です。


以前は、利息制限法の利息上限は20.0%でしたが、出資法は29.2%に定められていました。
利息制限法で定められた利息上限20.0%を超えても、刑罰は無く、出資法の上限金利を超えると刑罰がある、という状態でした。
それで消費者金融は利息制限法を無視し、29.2%までの違法な範囲の金利(グレーゾーン金利)で貸し付けを行っていました。
しかし、夜逃げや破産者が出るなどし、社会問題化していました。高金利で貸す方が悪いという理屈です。


ちなみにイギリスなどでは上限金利も総量規制もありません。逆に「上限金利を設定してしまうと、本当に必要な人が借りられなくなり、結果的に違法な業者がはびこる原因になる」という考え方なのです。
たしかに日本では年率20.0%を超える利息を取る業者はイコール「ヤミ金」ですからまともな金融会社はそのルールを守って貸し付けます。
しかしそうするとどうしても貸せる人は限られてきますよね。利息を低く抑える代わりに貸し付ける人を厳選しなければなりません。
日本では借りれない人もたくさんいるということです。


現在では貸金業法も出資法も改正され、上限金利は20.0%に統一されていますので、グレーゾーン金利はありません。
出資法を守らなかった場合の刑事罰は5年以下の懲役もしくは1,000万円(法人の場合は3,000万円)以下の罰金、または両方が科されることになります。

利息制限法

上限金利が定められています。

現在の上限金利
元本が10万円未満の場合は年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%
元本が100万円以上の場合は年15%

割賦販売法

割賦販売等に係る取引の公正の確保、購入者等が受けることのある損害の防止及びクレジットカード番号等の適切な管理に必要な措置を講じています。
分割払いなどで消費者が一方的に不利にならないように様々なことが決められています。
信用方法のことを「利用者又は購入者若しくは役務の提供を受ける者の支払能力に関する情報」と規定しています。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!