わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

銀行カードローンのメリットとデメリット

メリットとデメリットをちゃんと理解しておけば、うまく使い分けられるんじゃ
SolarPowerGuide_FM40889726

消費者金融よりも信頼性のある銀行カードローンで借りたいという人も多いと思いますので、銀行カードローンのメリットとデメリットについて解説したいと思います。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットとして一番大きいのが借り入れ限度額が高いことと金利が低いことです。
貸金業法の改正により金融会社間での金利の差は少なくなってきていますが、それでも消費者金融の最大金利が18.0%であることが多いのに対して、銀行カードローンは15.0%以下とやはりお得になっていることが多いです。最小の金利になると、4.0%台の金利などもありますので借り入れ金額が大きくなるとかなり支払う利息は違ってきます。
そして、借り入れの最大限度額は消費者金融が500万円であることが多いのに対して、銀行カードローンは最高1000万円と大きく差があります。
大きな金額を借りたい人や少しでも金利を低く抑えたいという人には銀行カードローンが向いていると言えるでしょう。

銀行カードローンのデメリット

デメリットとしては借り入れの実績の少ない初期段階では融資額も少ないです。
そしてもう一つ大きなデメリットは銀行カードローンは審査に時間がかかるということです。

消費者金融が即日融資のサービスを前面に押し出しているのに対して銀行カードローンは審査に2,3日かかるということもありました。
急いでお金が借りたい!という需要に対しては少々不向きなところがあります。

しかし、銀行カードローンも今は審査時間を短縮することに力を入れるようになってきており、みずほ銀行カードローンのように最短即日融資も可能な銀行カードローンも増えてきています。
今日中に借りたいという人はそういった銀行カードローンを選択するといいでしょう。

銀行カードローンの審査の内容
243



銀行カードローンの審査の実態は、信用情報と職場への在籍確認です。過去に他の銀行カードローンでの借り入れがあったのなら、その支払い状況を信用情報機関を通して確実にチェックしていると思ってください。なので、他社からの借り入れでも支払い遅延や延滞があると審査を通る可能性はグッと低くなってしまいます。

そして、職場への在籍確認ですが実際に申込者が働いているのかを職場に電話が掛かってきて確認されます。
この時職場の人にカードローンの申し込みをしているのがバレてしまわないか心配だと思いますが電話が掛かって来る時には銀行名を出さず「○○【担当者】と申しますが☓☓さんいらっしゃいますか?」と掛かってくるのでバレる心配は低いので安心してください。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!