わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

博士のちょっと恥ずかしい?自己紹介

チェックポイント その1
ワシの自己紹介じゃ。
博士のちょっと恥ずかしい?自己紹介

世の中の数あるサイトの中からカードローン博士に来てくれてありがとうございます。
せっかくの機会なのであまり興味は無いかもしれんが、少し博士の自己紹介をしようと思うんじゃ。


博士は50代半ばのおじさんで正直あまりこれといって取り柄が無いんじゃが今までのキャッシングの遍歴から少しでもみんなの役に立つサイトを作りたいなと思って「カードローン博士」を作ったんじゃ。
博士がカードローンを利用したのは忘れもしない19歳の夏じゃ。当時は未成年でも借りれたからの(笑)。今は無き武富士で当時はまっていた競馬の資金を作りたくて借りたのが最初じゃ。
大学生じゃったけど、アルバイトをしていたからか審査にはあっさり通ったわい(笑)限度額30万円で借りれたことは昨日のことのように覚えておる(笑)


なにをかくそう博士もギャンブル好きで麻雀、パチンコ、競馬、競輪、競艇…あとはここでは言えないようなギャンブルまで色々手を出しては借金を作ってしまい借りては返すの繰り返しじゃった。
偉そうに言ってはいるが、延滞したことも1度や2度ではない(笑)なんの自慢にもならんが(笑)ついでにいうと水道やガスが止まったことも1度や2度じゃあない(笑)
当然武富士だけに飽き足らず、アコムやプロミス、モビットでも借り入れしたぞい。誰よりもヘビーユーザーを自負しとる(笑)30代前半の一番荒れてた時は自己破産の一歩手前までいったんじゃ。あの時は有馬記念でトウカイテイオー-ビワハヤヒデを馬連でガッツリ取って難を逃れたんじゃがあれが来なかったら終わっておった(笑)


はなしがそれたが、武富士なんかは返済に遅れるとすぐに家電に督促の電話をかけてくるんじゃ。まだ携帯電話なんて無い時代じゃったから一人暮らししてないと借りれんかったじゃろうな。
最近ではやはり借りるなら低金利のところがいいと思ってメインで使っているのはみずほ銀行カードローンとバンクイックじゃ。限度額もかなり上がって金利を安くしてもらって重宝しとるわい。


ギャンブルの方は控えておるのじゃが、代わりにネットでお買い物をするのが楽しくて時々お金を使いすぎてカードローンのお世話になっているのが現状じゃ。
ちなみに仕事は40過ぎに20年間務めた中小企業をやめて今はフリーランスで働いておる。ギャンブルも小銭でやるのが長くしのぐ秘訣じゃな。
家族は妻に1男1女じゃ。どこにでもある普通の家庭じゃが博士は妻を愛しておるからこれからはあまり借金は控えるつもりでおる。
ちなみに借金していることは妻には内緒じゃ(笑)


Pocket
LINEで送る