わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

カードローンの審査内容とは?

カードローンの審査内容について解説じゃ。
check dollars
銀行系カードローンは、グループ会社の消費者金融が担当している

銀行系のカードローンを借りようと思ったら、必ず審査があります。その審査内容は一体どのようになっているのでしょうか。
基本的には、銀行は大口の融資を担当しており、また担保がある融資や、その他用途の決まった事業資金や教育ローンなどを担当しています。ですので無担保無保証のフリーローンのノウハウはあまりもっていないのです。
そして銀行がカードローン申込者の審査をひとりひとり行っていると、膨大な量の作業になりますので、それらを簡素化するために、銀行系カードローンの審査は、グループ会社の保証会社が担当しています。
各銀行は参加に消費者金融と保証会社を持っており、そのグループの保証会社が審査を担当することになります。企業によって審査の傾向は若干ですが変わります。ですが基本的に、本人確認書類と収入にまつわる書類を提出して、現在の職業や過去の取引実績を鑑みて、OKするか断るかを判断しています。
これらのノウハウは銀行が持っていないところなので、銀行にとっては業務効率化に役立ちますし、また保証会社にとっても業務を拡大することができて、お互いにメリットのある分業制度になっているのです。


主なカードローンの保証会社一覧

業者名 保証会社
アイフル アイフル
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック アコム
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
アコム アコム
楽天銀行カードローン 楽天カード株式会社・株式会社セディナ
実際は何を審査しているのか

保証会社はいったい何を審査しているのでしょうか。それは、収入、職業、そして何より返済実績を主に見ています。
属性や信用情報と言われるものです。
職業は重要です。たとえば公務員でしたら解雇もないですし年齢とともに昇給するため、非常に有望な借り手として考慮してもらえます。また大企業の正社員も強いです。知名度があって解雇されることもまず無く、給与も高い公務員や大手企業の正社員は非常に有利です。非正規の人は以前は借りにくかったのですが、最近は総量規制の導入で各社売り上げが下がっており、審査が若干ですが甘くなっている傾向があります。そのため、非正規のパートやアルバイトの方でも審査に通りやすくなっています。
自営業やフリーランスの方は、パートやアルバイトの方よりも審査に通りにくいといわれています。収入が不安定で雇用もされていないため、返済能力が低いと考えられているのです。自営業やフリーランスの方が審査に通ろうと思ったら、過去数年分の確定申告用紙や決算書の類を収入証明の代わりに提出するといったことが必要な場合もあります。
そういったことをすべてひっくるめて数値化(スコアリング)してこの人にいくらまでなら貸しても大丈夫かということをコンピューターシステムを使ってはじき出しているのです。

限度額を低めにして申し込むのが良い

実際に申し込むに当たって、限度額をはじめは少なめにすると良いでしょう。
少な目の限度額を設定することで、計画的に必要な額だけ借りる人であると言うことをアピールできるのです。低い限度額を設定することにより、貸して側も万一の際に起こる損害が低く設定できますので、審査に通して貸してくれる可能性が高まるのです。
また、複数社から借り入れをしている場合は、あまりに限度額を高く設定すると借りすぎで審査をはねられこれ以上の融資をしてもらえない可能性があります。総量規制にひっかからないようにしなければなりません。

正確に記入しましょう

勤務先は審査の際に非常に大きな項目になります。企業名によって信頼の度合いが変わってくるからです。見栄を張ったりせず正確な情報を記入するようにしましょう。ここでうそを書くと借りれない可能性が高まります。
また年収も正直に申請してください。嘘をついて大きな額を借りても、困るのはあなたです。今現在は、総量規制によって収入の1/3までの借り入れが可能となっています。ですので収入は借り入れの総額を決定するのに重要な綱目ですので嘘はつかないでください。また返済能力を見るのにも必要ですので、正直な額を申請しましょう。

常識の範囲内で良く見せよう

正直に申請するのであれば、常識の範囲内で自分を良く見せるのは必要です。たとえば、アルバイトや派遣の場合は月によって収入が不安定ですよね。そんなときに直近で一番稼ぎの良いときの給料明細を提出するのはひとつのテクニックです。
また、掛け持ちをしている場合は掛け持ちのうち勤務年数の長いほうを申告するなどすれば、信用が高まります。
また、無職の場合はフリーランスとして活動をはじめたかのように見せても良いでしょう。また、仕事はなくとも派遣会社に登録してから審査を申し込むと、肩書きは派遣社員に代わります。無職よりはよほど信用がありますのでおススメです。
これらは、決して虚偽の申請ではなく、真実を告げていますので違反にはあたりません。そして限られた提出物のなかで、より自分を良く見せようという努力をすることで、借り入れの審査に通りやすくするのです。虚偽を申請してお金を借りれば詐欺罪ですが、これらは詐欺にはあたりません。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!
レイク 4.5%~18.0% 1~500万円 ネット審査ですぐ結果表示 20.0% バンクイック 1.8%~14.6% 1~500万円 金利が1.8%~14.6%と低水準 20.0% -->