わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

キャッシングの審査と年収の関係

年収から生活費などの最低限の必要資金を除いて、どの程度の金額を返済することができるかという点を審査するんじゃ。
056
年収は総量規制に直結する

お金を借りる際には審査があります。当然ですが金融機関は返済が難しそうな人にお金を貸してはくれません。審査の基準のひとつに年収による審査があります。
他にも審査の基準はありますが、年収が融資額、返済可能かどうかの判断する基準として最も重要だといえます。


年収から生活費などの最低限の必要資金を除いて、どの程度の金額を返済することができるかという点を審査します。年収が多いに越したことはないのですが、少ないから借りる事ができないというわけではありません。基本的には安定収入がある方であれば借りることができますが、借入限度額は年収によって異なります。

キャッシング借入れの限度額は総量規制という法律によって定められています。年収の3分の1以上の貸付を原則として禁止という内容で、2010年に貸金業法として施行されました。例えば、年収が300万円ならば最大借入限度額は100万円までで、年収が600万円ならば借入限度額200万円までになります。しかし総量規制を正しく理解をすることで年収の3分の1以上の借り入れをすることも可能になってきます。

総量規制は貸金業者のみに適用されて、銀行等には適用されない
この貸金業者とは消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングなどのことをいいます。貸金業者ではない、銀行、信用金庫、農協、労働金庫等には総量規制の「年収の3分の1まで」は適用されません。

すでに年収の3分の1以上の借入がある場合でも融資は可能になり、銀行等の住宅ローン・自動車ローン等があったとしても、年収の3分の1には含まれないので、銀行などから借り入れすることが可能になっています。

クレジットカードのキャッシング利用枠は総量規制に含まれますが、ショッピング利用枠は総量規制に含まれません。これはショッピングでの利用が貸金業法ではなく、割賦販売法になるからです。例えばクレジットカードでショッピングを100万円利用しているとしても、総量規制の年収3分の1に計上はされません。

総量規制には、契約自体を計上しない「除外」と、年収3分の1の計算には含むが、条件によって融資可能な「例外」がありますのでうまく使い分ければ希望する金額を借り入れる助けになります。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!
レイク 4.5%~18.0% 1~500万円 ネット審査ですぐ結果表示 20.0% バンクイック 1.8%~14.6% 1~500万円 金利が1.8%~14.6%と低水準 20.0% -->