わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

キャッシング・カードローンを利用できない人とは?

キャッシング・カードローンを利用できない条件を解説じゃ。
toti-img22
未成年、70歳以上は厳しい

まず年齢が20歳以上~69歳で、安定した収入があるというのが最低条件になります。そして年収や勤続年数などの属性情報、過去に延滞などなかったかなどの信用情報を元に審査されます。20歳未満ですと、親の同意が必要になる学生ローンがありますね。

無職の人、生活保護を受けてる人

無職の人、生活保護を受けてる人は安定した収入がありませんので借入は出来ません。アルバイト・パートの方は安定した収入があれば借りれますが勤続1年以上だと好ましいです。専業主婦の場合は夫に安定した収入があれば借りれるカードローンもあります、アイフル以外の大手消費者金融は申し込み出来ません。

信用情報にキズ、申し込みブラック

そして信用情報にキズ(過去に長期延滞、自己破産、保証人などによる代位弁済など)がある方は、その情報が5~10年ほど信用情報機関に残りますので審査を通るのがかなり厳しくなります。
ただ、私の知り合いで自己破産して7年ほどで新たに銀行カードローンで借りれた人も居ますので最低5年が経過していれば申し込んでみる価値はあるといえます。ちなみにその知人が借りれたのは楽天銀行カードローンです。
また3社以上から借入をしているなど多重債務者の方、同時期に複数借入を申し込んでる方も審査に落ちる可能性がかなり高いです。一般的に1ヶ月で3件以上の借入申し込みがあった場合は切羽詰まってると思われてしまいます。今はインターネットから手軽に出来てしまうので申し込み過ぎに注意しましょう。申し込みブラックになってしまうと半年たたないと解除されませんのでそうなってしまう前にはやる気持ちを抑えて申し込みは月に2社までにしましょう。(あくまで目安です)

住所不定や携帯が無い人

住所不定や携帯が無い人などは厳しいです。一昔前までは固定電話があると審査に有利と言われていましたが現在はほとんど関係ありません。しかし決まった住所が無かったり、携帯も持っていないような人は返済が滞ってしまう可能性が高いために貸し付けてもらえない可能性が高いです。業者もどうやって督促していいかわからなくなりますよね…。

消費者金融会社、クレジット会社(キャッシングのみ)、信販会社(キャッシングのみ)の場合は総量規制により借入がすでに年収の3分の1に達してしまってる場合は借入出来ませんのでご注意ください。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!