わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

審査が甘いカードローンはあるのか?

審査が甘いカードローンについて解説じゃ。
審査に通りやすいカードローンは存在するのか?

誰しもがお金を借りるときに審査に落ちることは避けたいと思いますよね。できれば審査の甘いところをサッと通過して借りたい…。と思うはずです。
じゃあ審査の甘いカードローンというものは本当に存在するのでしょうか?

実際には審査の甘い業者というのは居ます。。。が、そういう金融業者にはできる限りお世話にならない方がいい!
というのが博士の結論です。

審査が甘い業者はまともなところじゃないことも

どういうことかといいますと、審査が甘いところというのはどうしても危ないお客さんが多くなります。そういう人に貸すということは必然的に貸し倒れのリスクも増えるわけですから、借りれる金額が少なかったり、督促が厳しかったりするわけです。
返せなさそうなお客さんにでも貸してくれるということはそれだけ回収に自信をもっているということなので逆に怖いですよね。。。
まあまともな金融会社ではない可能性があるということです。いわゆるヤミ金などですね。
「審査が甘い」というのは危険信号だと考えてください。2ちゃんなどの掲示板に書かれているような「審査が甘い」業者情報なんていうのも全くあてにはなりません。

金融会社からしたら継続的に借りてくれてコツコツ返済してくれるお客さんが欲しいわけです。ですが実際にはそういったお客さんばかりではありませんので、

ここで終わってしまうとなんの役にも立たないページを作るなよ!と言われかねませんので(笑)少しでもお役に立てる情報を提供しますね!それは…

審査に通りやすいタイミングで申し込もう!

ということなんです。具体的にいうと以下の3つです。

  • キャンペーン中
  • みんながお金を持っている月
  • 業者がオープンしたてのタイミング
キャンペーン中

今ですと(2015年8月)、楽天銀行カードローンでは新規入会で金利が半額になるキャンペーンをやっています。
キャンペーンなどをやっているということは、当然新規の顧客を獲りに来ているわけですからノルマもあります。ノルマを達成するのがちょっと難しい時などは審査の当落線上にあるお客さんなどは通りやすくなる状況といえます。

みんながお金を持っている月

6月と12月は多くの官民企業でボーナス支給月です。ですのでみんなお財布が潤っていて貸金業者としては商売あがったりのタイミングです。
そのタイミングでは審査に通りやすいと昔から言われています。
貸し付けノルマなどがあれば余計ですよね。

業者がオープンしたてのタイミング

新規に立ち上げをした金融業者では最初はお客さんも0なわけですから新規の顧客獲得に一生懸命になります。
当然ノルマもあるわけですからそれはもう必死です。
ただ、総量規制などの影響もあり、貸金業者の数は年々減ってきていますので新規業者というのはあまり当てにはできないでしょう。
もしそこを狙うのであればネット銀行がねらい目です。ネット銀行は今でも増えていますし、店舗を持たないため金利も抑えられていることが多いので顧客側からも利用しやすいカードローンといえます。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。通帳またはみずほダイレクト利用で200万円以下なら書類提出も無し。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!