わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

自動車ローンで通らないけど車が欲しい

チェックポイント その1
自動車ローンといえど、ナメてはイカンのじゃ。
20130520095459_51997463856c4

新車を買いたくなって自動車ローンの審査を受けたけど、落ちてしまったという人も居ます。銀行のローンでも、ディーラーのローンでも、もちろん審査はあります。
自動車ローンは比較的通りやすいとは言われていますが、落ちるときはあります。
中古車を買うのも気が進まないし、どうせだったら新車が欲しいので、と思ってローンを組んで購入するつもりだったのが、当てが外れた場合はどうすればいいのでしょうか?

とりあえず再度審査に申し込んでみるという手はあります。何がダメだったのかを考えてみましょう。年収、勤続年数、頭金の有無、車本体の価格、などは適正なのか。
また、金融機関からの借入があるようでしたらそちらの総額はいくらなのか。年収の1/3である総量規制に引っかからないかなどです。
また、延滞や未払いはないか、というのも重要なポイントになってきます。原因はいくらでも考えられますし、改善することもできます。

自動車ローンではなくても、使途の限定されていない銀行や消費者金融のフリーローンでお金を借りれれば、多少金利は高くなりますが、お金は調達できます。
金利が高いことで、その部分を強く意識してちょっとでもお金に余裕が生まれた時に早め早めに返済していくようにすれば、金利が安い自動車ローンを借りた時よりも結果的に早く完済できて、支払う利息も安く済んだ。なんてこともあるかもしれません。

頭金の有無というのは審査上も重要で、頭金を用意できていればもちろん審査に通りやすくなります。車を買おうとすると、車本体だけでなく税金やオプションや駐車場など他に費用もたくさんかかってきますのでなかなか頭金を用意するのも大変ですが、できるかぎり用意したいところです。
裏ワザといいますか荒ワザ的なものになってきますが、現在乗っている車があるのならそちらを先に車買取業者に売ってしまって頭金を作るという方法があります。基本的に下取りに出すよりも高く買い取ってもらえるので査定してもらって納得のいく金額であれば売るのも手です。

後は、その新車がもっと値引きされるタイミングまで待つ、ということもできます。ディーラーに確認してしばらく数ヶ月とか待っているうちに節約してお金をためておけば頭金にも回せますし一石二鳥です。
それでも待てない!早く買いたい!というような人は銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りて車を買うケースが増えています。
一般的には銀行よりも消費者金融の方が審査には通りやすいですが、消費者金融の場合は総量規制の対象になりますので最高でも年収の1/3までしか借りれません。
また、50万円以上の借入になると収入証明書の提出が必要になることもあります。
ただ、どこでもいいから借りたい!とやみくもに申し込みをするのはやめましょう。
1か月の間に3社以上でローンや借り入れの審査を受けると、よほどお金に困っているんだなと判断されて申し込みブラックになります。
信用方法機関で申し込みブラックになってしまうと最低半年は消えませんし、どこに申し込んでも審査に通らなくなってしまいますので十分注意してください。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!