わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。

実質年率 限度額 審査時間 総量規制
2.0%~14.0% 最大800万円 - -
職場連絡 申込資格 返済システム 来店必要の有無
有り 20~66歳 残高スライド方式 無し
提携ATM
2017y09m07d_185156496

みずほ銀行カードローンは業界屈指の低金利

大手メガバンクのみずほ銀行カードローンは業界屈指の低金利なんじゃ。
a01_02

みずほ銀行カードローンですが、まず限度額が業界最高で最大800万円にです。また、年収による制限もありません。また限度額200万円までは収入証明書の提出が原則不要になります。

低金利

みずほ銀行の金利は実質年率2.0%~14.0%です。
大手銀行のカードローンは最高金利15%くらいが主流ですので、それよりも低めに設定されてます。一般的な消費者金融の最高金利が18%ですから、それと比較するとかなりの低金利です。

みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、基準金利からさらに金利を年0.5%引き下げてもらえますので最低2.5%で借りられることになります。
ここまでくると住宅ローンの金利並みですね。

またみずほ銀行に口座を持っている人限定になりますが、とても大きなメリットがあります。
それは、本人確認書類を提出しなくてもよいという事です。みずほ銀行に口座を開設している人の場合には、 みずほ銀行カードローンを利用ために、いちいち本人確認書類を提出する必要がありません。本人確認書類を用意するのはわりと面倒で、免許やパスポートをお持ちでない方は他社の銀行カードローンを比較する上で大きなメリットとなることでしょう。

みずほ銀行カードローンはローンカードを2種類から選択できます。
一般的に発行されているキャッシュカードにカードローンの機能が追加されるキャッシュカード兼用型と、カードローン専用のローンカードを新しく発行する形のカードローン専用型です。
この2枚のカードは見た目もほとんど同じなのですが、唯一違うところは表の面の1番目立つ中央のアルファベットがキャッシュカード兼用型は「MizuhoICCashCard」なのに対してカードローン専用型は「MizuhoCardLoan」となっています。
良く見ないと気づかない程度の違いですし、実際に財布などに入れていればまず見分けはつきません。
家族などにしられたくないのであればキャッシュカード兼用型をお持ちになるのがいいでしょう。
カードローン専用型には自動貸越機能はついていません。自動振り替えサービスも最初はついていませんが、申し込みによって追加することが可能です。

提携ATM手数料が無料

みずほ銀行カードローンは金利が低いだけではなく提携ATMの利用手数料、時間外手数料が無料で利用できるところがほとんどです。
これを満たしているカードローンは意外と少なく、メガバンクのみずほ銀行カードローンならではの利点といえます。

Pocket
LINEで送る


関連記事