わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

「むじんくん」でお馴染みのアコム。現在は三菱UFJフィナンシャル・グループに属し、スピーディな審査と融資、ATM、ネットバンク、コンビニなどいろいろな方法で返済ができるなど、さまざまなサービスを展開しています。
実質金利が3.0%~18.0%ですので、他と比べてもとかなり低いです。
しかも最大貸し出し額が800万円までと、消費者金融としては大きな貸し出し枠を設定してます。

実質年率 限度額 審査時間 総量規制
3.0%~18.0% 800万円 最短即日 対象
職場連絡 申込資格 返済システム 来店必要の有無
有り 20~69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了
提携ATM

アコムは1番審査通過率が高いって本当?

アコムの審査通過率について解説じゃ。
31
アコムは審査に通りやすい?

アコムは審査に通りやすい消費者金融だといわれています。
実際のところはどうでしょうか?
たとえば50万円までの借り入れや、他社との借り入れ合計が100万円を超えない限りは収入証明書は不要です。本人確認のための書類が必要なだけですので免許証だけでいいと思えば非常に気軽に申し込めますね。

50%近い成約率

統計資料によると、申込者と契約者の割合はなんと47%越え。ほぼ5割の人が契約に成功しています。これはプロミスよりも断然高く、高い成約率を誇っています。
申込者に対しての契約者が5割近いと言うことは、それだけの審査の通過率が高いと言うことです。それだけ審査に通してくれているということです。これにはもちろん理由があります。信用度が低く、もしかしたら他社では審査に通らないかもしれないような人に関しては限度額を低く抑えて審査に通過させてくれています。多少借りれる金額は低くなっても、断られるよりは貸してくれた方がうれしいですから利用者にとっては助かりますよね。

アコムの経営理念

アコムの経営理念は、銀行などで借り入れが難しい人のためにアコムが存在しているというものです。アコムという社名にはお客様の立場に立った心のこもった暖かいお付き合いをする、という意味が込められています。ですので銀行の厳しい審査にはねられて困っている人でもアコムなら希望が持てます。一方で同業他社などでは、特に複数社からの借り入れがある方の場合は返済能力に難ありとみなして審査に通りにくくなります。
ですがアコムは借り入れ件数よりも、約束を守ってきっちり返済してくれるかどうかを重点的に見ますので、銀行より審査に通りやすいのはもちろん、プロミスよりも審査に通りやすいのです。

貸すための審査

銀行などの審査は、一般的に、貸さないための審査だといわれています。貸す場合は何重にも審査を行い、返済の見通しがついてから貸付を行います。
ですがアコムの審査は、貸すための審査です。ですので前提として貸すことがありますので、比較的審査の手続きは簡単な傾向があります。

アコムが貸さない人はどんな人?

そんな積極的に貸し出す方針のアコムですが、もちろんこの人には貸せないと判断するケースもあります。それはアコムで過去に返済事故があった場合です。たとえ完済していてみデータはずっと残りますので、延滞を繰り返していたり踏み倒しなどを行っていては絶対に貸してもらえません。信用機関にではなくアコムそのものに情報が残っていますので、返済事故を起こした方は借り入れることができません。
あと重視されるのは他社からの借り入れ件数となります。総量規制もありますので、あまりにたくさんの金額を借りているとアコムでの新規借り入れは困難になります。
また金額よりも重視されるのは借り入れ件数です。複数社から借り入れしている場合は、アコムに申し込む前に1社にまとめておくほうが無難です。

年齢制限があります

借り入れには年齢制限があります。20歳から69歳までとなります。未成年の方は保護者の同意があっても借り入れはできません。また年金等で安定収入がある方も、70歳以上の方は借り入れできませんのでご注意ください。

派遣社員でも借りることができます

一般的に、借り入れの際に重視されるのは収入よりも安定性です。ですがアコムでしたら派遣社員でも借り入れが可能です。派遣社員は非正規従業員なので期間限定ですが、それでも勤務先がある場合は最低1年間は固定収入が見込めます。ですのでアコムの場合は派遣社員でも安定収入があるとみなされて借り入れが可能になるのです。

在籍確認の電話が困難な場合は

アコムの場合は在籍確認は避けられません。本人が出るか出ないかに関わらず確認の電話があると思っておいた方がいいでしょう。
アルバイトやパートで働いていて、勤務先での在籍確認が取れない場合があります。また正社員でもコンプライアンスの関係で個人宛の電話は取り次がないと言う会社があります。そういったときは電話での在籍確認ができません。
ですが、社会保険に加入している会社発行の保険証や、直近2ヶ月分の給与明細などで代理できる可能性があります。もしも職場に電話をかけられても在籍確認が取れないと思った場合は、その旨をアコムまで伝えてください。

申請は盛って書くほうが不利になります

審査を通りやすくしようとして年収を盛って書くのはやめてください。アコムは膨大なデータを持っていますので、同年代、同業種の方のデータから、大体の年収を予測できてしまいます。ですので年収を多めに書いても嘘がばれてしまうのです。審査で虚偽の申告をすることは非常に不利になります。
また生年月日を間違って書くのは非常にまずいです。なぜなら生年月日は個人の情報を特定するのに必要な情報です。ですので間違うと正確な審査ができません。またアコムでは生年月日の間違いを非常に警戒します。通常の人であれば生年月日を間違えることなんてないからです。そのため何か意図を持って間違えたのではないか、虚偽の申告で詐欺的にお金を手に入れようとしているのではないかと疑われかねません。

職業(属性)によっても信用は変わります

審査の際に重視されるのは勤務先の安定度です。ですので公務員が一番有利で続いて大企業の正社員で勤続年数が長い人になります。非正規社員のアルバイトやパートでも借り入れはできますが、自営業やフリーランスになるとパートよりも信用が低く、借り入れが困難になります。

Pocket
LINEで送る


関連記事