わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

オリックス銀行カードローンの特長とメリットまとめ

巷で人気のオリックス銀行カードローンをご紹介じゃ

オリックス銀行カードローン総まとめ

限度額

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンの中でも限度額が大きく、最高で800万円まで借り入れが可能です。
借り入れ残高が30万円以下の場合は、返済は借入残高が30万円以下:7,000円からの返済が可能で、自分の生活にあった返済プランを立てることができます。
またオリックス銀行の口座開設は不要で、自分で設定すればオリックス銀行以外の口座でも返済に使うことができます。
フリーローンですので担保や保証人は不要で、好きな用途に使うことができます。
来店も不要ですべてインターネット内で完結します。金利も、最低金利が非常に低いのが特長といえます。

金利

最大金利は17.8%と、銀行系としては若干高いですが、限度額が上がれば1.7%まで下がりますので夢があるカードローンといえます。
実際にどこまで限度額を増やせばお得を実感できるのかということですが、150万円を超えて借りられるようになると適用される金利が最大でも12.8%となりかなり低金利の部類に入ります。(150万超での最低金利は6.0%)
限度額が大きくなっていればお得ということですね。

収入証明書

所得証明が300万円以内であれば原則不要というのも魅力です。所得証明書は大体100万~200万円で必要になってきますのでワンランク上ですね。
借り入れは1000円単位で行うことができ、不必要に金利を発生させる心配がありません。
また、後発の銀行カードローンで歴史が浅いため、銀行系の中では審査が厳しすぎないのも魅力です。24時間365日の振込サービスに対応しており、迅速な入金が期待できます。

専業主婦

オリックス銀行カードローンのデメリットといえば収入のない専業主婦が借り入れできないという点です。
みずほ銀行やバンクイックのように無収入でも申し込み可能な銀行カードローンもありますがオリックス銀行は借り入れできません。消費者金融も総量規制の壁がありますので無収入の専業主婦には貸しつけしてくれません。

パート・アルバイト・主婦

逆に、収入がある場合は、パートやアルバイトの方でも審査を受けられます。必ず審査に通るとは断言できませんが、固定収入があれば可能性は大いにあります。
最短即日融資をうたっているオリックス銀行カードローンですが最短での即日審査が可能なのは借り入れ30万円までですので注意が必要です。※(オリックス銀行カードローンは) 契約(完了)後、最短即日融資(可能)

高額になればなればなるほど審査には時間が取られます。実際に借り入れができるのはカードが到着してすぐです。
急いでいる方にはオリックス銀行カードローンは向いていないかもしれません。
登録口座も、オリックス銀行でなくともいいのですが、使えない銀行もあります。
ゆうちょ銀行、商工中金、農林中央金庫、セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行、シティバンク銀行などは使用できません。
ネット系の銀行をメインバンクにしている場合は注意が必要です。

学生

実はオリックス銀行カードローンの申し込みフォームの職業選択欄に学生という枠がありません。
ですので学生だとどうしても申し込みの時点でつまづいてしまうことになります。
じゃあ学生は申込めないの?借りられないの?という疑問がわくと思うのですが、実際はどうなのでしょうか?
オリックス銀行カードローンは学生は借りられないのです。
年齢やアルバイトの有無をクリアしていれば学生でも借りれるカードローンも多いですが、オリックス銀行は受け付けてくれていません。
Q「学生だということを黙って申し込む手は無いの?」という質問もいただいたのですが、A「そこまでしなくても色々なカードローンがありますので他を当たってください」というのが博士の答えです。

評判

長期で高額の借り入れを行うのでしたら最適です。金利も低くなりますし、よいお付き合いになると思います。ただし評判としてはやや審査に時間がかかると言うのが気にかかります。1週間程度ですのでスピードを求める人は要注意です。

提携している銀行コンビニATM

提携ATMは借り入れ返済ともに手数料無料です。終日無料ですので夜中や土日祝日でも心強いですね。
1000円単位で借りられますので不要な金利の発生を防ぐことができます。全国に提携ATMがありますので、使いたいときにすぐ利用することができます。
オリックス銀行カードローン提携ATMまとめ

必要書類

①運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、日本政府発行のパスポート、個人番号カード、在留カードまたは特別永住者証明書※上記の写しいずれか1通をご用意ください。②ご利用限度額により所得証明書類が必要です。※所得証明書類のご提出が必要となるのは、原則、ご利用限度額が300万円超の場合となります。※審査の結果、限度額300万円以下の場合でも提出をお願いする場合があります。③預金口座振替依頼書※返済方法が口座引落の方のみ必要です。
会社員の場合は、源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、確定申告書などが必要です。
自営業やフリーランスの場合は住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書、確定申告書などで自身の収入を証明する必要があります。

他社との比較

融資額が大きいと言うのが特徴です。
最大800万円は強い味方となります。
特に自営業やフリーランスの方は、これだけの枠が準備されているのは心強いでしょう。最大800万円の枠を確保できれば最低金利まで下がり、非常に使い勝手のいいカードローンになります。ぜひ枠を成長させましょう。
そのためには借りてしっかり返し、実績を積んでいくのが大切です。
これだけの枠があるオリックス銀行カードローンですが、他社と比べて、審査が長い傾向にあります。
即日融資をうたっていますが、それは30万円までの借り入れに限定されています。
最大融資額が高いので、おまとめローンなどにも向いているのではないでしょうか。
またTVでコマーシャルも流れていますので、企業イメージも良いです。

審査

実はオリックス銀行カードローンの審査は以前よりも通過しやすくなりました。それはなぜかと言いますと、以前はオリックス・クレジット株式会社だけが審査を担当する保障会社だったのですが、2014年10月31日から新生フィナンシャル株式会社も担当するようになりました。
この2社の審査を受けて、どちらかを通過することができれば借りることができますのでチャンスが2倍になったということです。

審査に通る最低限のハードルとしては毎月安定した収入が必要です。
パートやアルバイトとなると、どこまで収入があれば安定したといえるのかはっきりしませんが、返済計画がきちんと立てられるだけの毎月の収入があれば大丈夫と言えます。
300万円までの借り入れでは収入証明書の提出は原則ありませんので自己申告になるとはいえちゃんと返済できるくらいの収入は得られるように働きましょう。

借り入れまでの目安は数日

即日審査をうたっていますが、確実ではありません。
少なくとも数日は見積もっておく必要があります。土日をはさめば5日かかるということも可能性ではあるでしょう。

まぎらわしい商品「オリックスVIPカードローン」

オリックス銀行カードローンと類似の商品に、オリックスVIPカードローンと言うものがあります。
これは名称は似ていますが、運営会社が違います。
オリックス銀行カードローンはオリックス銀行が運営していて、オリックスVIPカードローンはオリックスクレジットという信販系の会社が運営しています。
そのためオリックス銀行カードローンは銀行系カードローン、オリックスVIPカードローンは信販系のカードローンになります。
似た名前ですが別物ですので注意しましょう。

借り換えにもおススメ

現在他社から借り入れがある方は、オリックス銀行に乗り換えてもいいでしょう。
利用手数料が無料であると言う点だけでも、十分に乗り換える価値があります。
カードローンは長期の利用が前提になるケースも多いですので、その場合は手数料無料のオリックス銀行カードローンを利用する価値は十分にあります。

ジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば特におススメ

メインバンクをジャパンネット銀行にしている方であれば特におススメです。
金利の優遇等はないのですが、借り入れと返済が24時間取引可能になりますので、自分の生活ペースに合わせて利用することができます。
ネット銀行からの取引になりますが、オリックス銀行カードローンの場合は手数料はかかりません。

ブラックリストはNG

当然ですが過去に返済事故を起こしていてブラックリスト入りしている方は借り入れできません。それどころか申し込んでいる時点で信用情報に履歴が残りますので、自分自身の信用を貶めることになってしまいます。ブラックの場合は融資は諦めましょう。
また債務整理をしていても7年が経過すれば履歴がクリアされ新たに融資を受けることができますが、過去にオリックス銀行カードローンで債務整理した方は、二度と借りることはできません。返済せずに終わったわけですから仕方ありません。

月々の返済は借入残高が30万円以下:7,000円からでOK

残高が30万円以下であれば、月々の返済は7000円から設定できます。
これならば日々の生活に負担が少なく返済していけますよね。
ほとんど生活に影響なく、借金を返すことができます。
利用者によりそった使いやすいカードローンである事がわかります。

返済方法

返済方法はいわゆるリボ払いです。そのため定額の返済でいいのです。
リボは何かと批判されがちですが、確かに合計で支払う利息が大きくなりがちなのがネックではあります。
ですが使い方を工夫してみれば、毎月の返済額が一定になるため非常に返済計画が立てやすく、生活のリズムがついてきます。
返済がつらければ返済額を減らして、長期に渡って返済していければいいのです。
また一気に返そうと思えば、返済額を最低限にして、個人で貯蓄を行い、ある程度たまった時点で一括返済を行えば、利息も軽減できます。

Pocket
LINEで送る


オリックス銀行カードローン
おまとめ借り換え

関連記事