わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

プロミス

全てにおいて高スペックの消費者金融。パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。土日祝日も即日融資に対応。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!

実質年率 限度額 審査時間 総量規制
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 対象
職場連絡 申込資格 返済システム 来店必要の有無
有り 20~69歳 残高スライド元利定額返済方式 ネット上のみでも対応可能
提携ATM

プロミスで即日融資を受けるやり方

プロミスの即日融資について解説じゃ。

 

プロミスで即日融資を受ける方法をご紹介します

プロミスの特徴である即日キャッシング、どのような方法ならば即日融資が可能なのでしょうか。
web契約なら来店不要で即日融資も可能です。
振込の場合は、平日14時までにWEB契約完了しておくことが必要です。それ以降になってしまうと対応が翌営業日になってしまいます。。。

14時までに間に合わなかった場合でも、オンライン契約を済ませて無人契約機まで行けばその場でカードが発行され融資が可能になります。

審査時間

借り入れに関する審査は、必要な情報を入力すると最短30分でメールか電話での回答となっています。スピーディな審査が魅力となり、プロミスでは手続きの開始から審査回答までは、スムーズにいけば時間はそこまでかかりません。
その場合は、即座に審査結果がわかり、その場でカードを発行してもらってすぐに借り入れることも可能となります。

 

必要書類は?

本人確認書類-運転免許証がベストですが、なければ、パスポートでも大丈夫です。以前は健康保険証でも大丈夫でしたが、現在は顔写真がある証明書が必要です。※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。
借り入れ希望額が50万円を超える場合は、所得を証明する書類が必要となります。
また、他社と合計して100万円を超える場合も必要です。
源泉徴収票、確定申告書、あるいは、直近2ヶ月の給与明細書などでも大丈夫です。
なくしがちな源泉関係の書類がなくとも、給与明細でも収入が証明できるのがありがたいですね。

便利なお試し診断機能

プロミスのホームページには、大変便利なお試し診断機能がついています。
これなら簡単な質問に答えるだけで、融資ができるかどうかがわかります。
あくまで仮の審査ですが、信用情報に残りませんので、気軽に試すことができます。

プロミスは消費者金融大手でブランド価値も高く、CMもじゃんじゃん流れていますので安心して利用できます。
WEB完結も利用可能で、最短で即日融資が可能です。
またサポート体制もしっかりしていますので、何かあったときは即座に連絡してください。
借り入れ時の相談だけでなく、返済時の相談もできますので、マネーアドバイザーに電話でいろいろ聞いてみましょう。
また急ぎの場合も、電話で急ぎであると伝えることで、早めに審査をまわしてくれます。

プロミスのポイントサービス

プロミスにはポイントサービスもありますので、ポイントを貯める楽しみもついています。
ポイントを貯めれば、手数料を無料にできたり、一定期間利息を無料にできたりなどのお得なサービスが受けられますよ。
例えば、ポイントサービスに申し込むだけで100ポイントもらえます。
ログインするだけで10品と、お知らせの確認で5ポイント~20ポイントがもらえます。
収入証明書の提出では160ポイントなど、あっという間にポイントが貯まります。
その他にも、返済お知らせ、取引確認、書面の受取などで各1ポイントずつの配布サービスを行っています。
ポイントの利用は、40ポイント使えば翌月の末日まで手数料が無料になります!これは強力なサービスですよね。
また無利息期間ももらえます。250ポイントで7日間、400ポイントで15日間、700ポイントで30日間の金利無料サービスがあります。
これは大変嬉しいサービスですので、こちらもご検討ください。
新規の申し込みで100ポイント、収入証明の提出で160ポイントですので、これだけで260ポイントもらえることになります。

プロミスのメリット

瞬フリサービスといって、三井住友銀行とジャパンネット銀行の場合ならば、24時間365日、申し込みから最短10秒で即座に振込してくれます。

ジャパンネット銀行は非常に便利なインターネットサービス銀行ですので、口座開設しておくと何かと便利ですよ。
フリーコールサービスも行っており、通話料無料でオペレーターが対応してくれます。対応は丁寧だと評判で、迅速に手続きが完了しますので、一度電話で申し込んでみてはいかがでしょうか。
また急いでいることも伝えられますので、融通してくれます。なんでも質問してみましょう。
少しだけ実質年率が他社より安く、4.5%~17.8%であることもメリットです。
他社は大抵18.0%スタートですので、少しだけ金利が安くなります。
また、初めての利用での30日間利息無料サービスありますので、初めて利用する方は絶対利用したほうがお得です。メールアドレスを準備してweb明細に登録する必要があります。
たとえば50万円を17.8%で30日間借りると7315円ですが、それがタダになります。
これは非常に大きなメリットですね。

「瞬フリ」とは

プロミスは会員サービスで評判が高く、その中でも非常に便利なのが「瞬フリ」というサービスです。瞬フリとは、24時間365日「瞬」のいう字そのままに一瞬で自分の銀行口座に振込してくれるサービスです。時間は最短10秒、瞬時に振り込まれます。しかも、手数料は0円でプロミスが負担してくれます。三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は休日深夜のキャッシングがOKで24時間365日いつでも利用が可能なので、急に現金が必要になった際にもスマートフォンから瞬フリをすることで、夜間でも早朝でも自由に借入ができます!それ以外の銀行でも平日の9時~14時50分までは振込キャッシングも最短10秒で振込みされます(14:50以降の受付は翌営業日付となります)。

消費者金融では借入と返済の便利さが選考ポイント!

貸金業法改正で上限金利が引き下がりましたので、消費者金融であまり金利が変わらないのを考えれば、会員サービス、利便性をポイントとして選ぶことになると思います。キャッシングでは借入した後に利用・返済など不便な点など感じられることがあって、「他の消費者金融から借入しておけばよかった・・。」と考える人もいます。

1番重要なことは、借入と返済における便利さです。消費者金融はリボルビング方式になっており、繰り返し借入と返済を行います。簡単に言えば、お金を借りたあとは、借入の追加と返済しか行わない商品です。ですので、借入と返済が便利で融通が利く消費者金融がこれから利用者に支持されるでしょう。

その点ではプロミスの瞬フリは「借入」に関しては文句のつけようがないくらいの便利さを備えており、誰もが満足するはずです。

プロミスのデメリットはあるの?

消費者金融の中では金利が低いですが、銀行に比べたら金利は高いのがデメリットといえるでしょう。これは消費者金融である以上仕方ありません。
また総量規制の対象である消費者金融ですので、収入の1/3以上は借りられません。
必然的に、収入のない方は申し込みできなくなっています。
あまりデメリットの少ないプロミスですが、強いてあげるならば、提携ATM手数料がかかる点がデメリットといえるでしょう。
また、在籍確認は必須となっています。他社で例えばモビットなどはweb完結の場合は在籍確認がありませんので、ご注意ください。
プロミスは電話での在籍確認にご要望があれば申し込み後すぐに相談してください。

プロミスの評判

では利用者の評判を見て行きましょう。
「初回利息無料サービスがとても得した」「1時間ぐらいで完結した」「コンビニで返済できるのが便利だった」「初心者におススメできる」「メールで返済日を知らせてくれるのが便利だった」「最初の借り入れから1年たつと、有利な金利で設定してもらえる」「セールスの電話がいやだった」「ATMが見つけやすい」「借りてよかったと思える」「申し込みしてすぐに対応してくれた」
などです。即座に対応してくれる点などが評価されていますね。
また銀行系ですので安心という声も聞かれました。

提携している銀行コンビニATM

三井住友フィナンシャルグループですので、三井住友銀行のATMなら、いつでも無料です。
提携先としては、イーネット、ローソンATM、セブン銀行なども対応していますが、手数料がかかります。
手数料は1万円以下108円、1万円以上216円になります。
これを浮かすには、ポイントサービスを使って手数料無料期間を作ってしまいましょう。ちなみに、メディア端末を使えば、返済手数料がゼロ円になりますのでご利用ください。
メディア端末はローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されています。

他社との比較してみたらどうなった?

最短で1時間程度なのが特徴的です。
また、プロミスの自動契約機に入るのが抵抗ある場合は、三井住友銀行のローン契約機もご利用いただけます。これはありがたいですね。
振込キャッシングなら平日14時までにWEB契約完了していれば最短即日融資が可能になります。
ただし、三井住友銀行かジャパンネット銀行ならば、それ以外でも最短即日融資してくれます。これは魅力的なサービスです。
手数料はコンビニ利用の場合は必ずかかってしまいます。
これは消費者金融の場合はほとんど手数料がかかるので仕方ありません。
ただし手数料の額は標準的なものです。
提携ATMは他社と比べても大変多く、設置数が多くなっています。
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能なので、できるだけそちらを利用して手数料を節約したいものですね。
利息は他社と比べて0.2%だけ低いのですが、これは総額で見ると10万円借りて100円程度なので、あまり気にしないほうがいいかもしれません。
在籍確認があるのもプロミスの特徴です。覚えておいてください。

 

 

ホームページ上ですべて完結します

プロミスの特徴のひとつに、ホームページ上ですべてが完結するという点があります。
入力して申込し、審査に通ったら契約です。
その後、借入の振込も依頼できます。ATMまで行く必要もありません。
返済も会員ページから可能であり、24時間365日対応してくれます。しかも手数料は無料となっています。
ただし返済の場合、対象の銀行は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行のインターネットバンキングに契約している場合のみとなります。

おまとめローンは金利が高め

プロミスにはおまとめローンもあります。
ですが金利が6.3%~17.8%とやや高めですので、まとめるメリットがあまりありません。おまとめローンを使いたいなら銀行系の方が便利でしょう。

返済日は4種類

返済日ですが、5日、15日、25日、末日のいずれかになります。
口座振替で、三井住友銀行かジャパンネット銀行以外を選んだ場合は、毎月5日の固定になります。
またATMからの振込返済もできます。
その場合は、コンビニでマルチメディア端末を利用すると、コンビニATM手数料が無料となります。
返済は基本的に口座振替が便利です。手数料も無料になります。

支払い方法はリボ払いになります

支払はリボ形式になりますので、最初のうちは利息の支払が多く元本が減りにくいのが特徴です。そのため繰り上げ返済などを利用して、効率よく返済していきましょう。

Pocket
LINEで送る



関連記事