わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

プロミス

全てにおいて高スペックの消費者金融。パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。土日祝日も即日融資に対応。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!

実質年率 限度額 審査時間 総量規制
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 対象
職場連絡 申込資格 返済システム 来店必要の有無
有り 20~69歳 残高スライド元利定額返済方式 ネット上のみでも対応可能
提携ATM

プロミスの利用限度額を上げる方法

プロミスで限度額を上げる方法について解説じゃ。
org_img_2
限度額を上げる方法は

キャッシングの限度額は最終的には業者が決めるため、希望する金額を借りれるとは限りません。
100万円を借りたいと思っていても30万までしか借りれなかった…。などというのはよくある話です。

そのまま借りていてもいいのですが、できれば希望の金額まで限度額をアップさせたいのが本音です…。
どうすればいいのでしょうか?

プロミスで増額を希望する場合は、インターネット会員サービスへログイン後、「限度額変更申込」から増額を申し込むことになります。別途審査が行われます。

一度決まった限度額を上げるというとなにか難しいのではないかと想像してしまいがちですが、そんなことはありません。普段からプロミスを利用してコツコツ返していくという実績を残していれば信用も付いてきますので増額に応じてもらえやすくなります。

プロミスは生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)と自分の裁量で使うことができますが、これが銀行や国のローンとなると話は別です。

用途が限定され、決まった使い道以外には使うことができません。フリーキャッシングは、その分若干ですが銀行や国から借りるよりも金利が高くなります。また物販のローンよりも金利が高いです。

これはフリーキャッシングという形式上、仕方のないことではないでしょうか。
限度額を上げるにはとにかく延滞などをせず普通に利用することです。返済日には確実に返済しましょう。

そして利用期間も通常であれば半年は最低必要と言われていますが、最近では半年たたない間にもプロミスの方から増額可能であるとの案内が来たりもしています。

もしかしたら初回限度額が抑えられているのかもしれませんが、特に金利が下がる増額の場合は載らない手はありません。

収入証明書

・希望する限度額が50万円を超える場合
・希望する限度額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合
上記に該当する場合は収入証明書の提出が必要になります。

下記のいずれか1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

最大限度額500万円

プロミスの最大限度額は500万円です。これは普通の人にとっては大きな金額です。

もちろん最大限度額500万円まで上限を引き上げようと思ったら大変です。収入もその分しっかりないといけませんし、利用実績も必要です。

申し込んでいきなり限度額500万円になることはありません。プロミスも貸し倒れがないように、確実に回収が見込める方にしか枠を付与しないからです。最初は50万円の上限スタートが一般的でしょう。

ある程度収入のある方で、プロミスを贔屓にして何度も使って期日までに返済している方が対象になって、上限額はどんどん引き上げられます。

例えば給料が上がったなどで年収が増えた場合などは増額の審査にも通りやすいです。審査を受けるために直近の給与明細2か月分を用意しておきましょう。

実質年率は4.5%から17.8%

対象の実質年率は4.5%から17.8%となっております。クレジットカードのキャッシングの実質年率が平均で18%ですから、お金を借りるならプロミスで借りたほうが有利です。

実質年率に幅があるのは、その方の限度額、つまり信用に応じて変わってくるからです。もちろん最大限度額の500万円までの枠を持っている方は、4.5%ですみます。

これは下手な銀行ローンよりも安いですので、メインで借りているのがプロミスなのであれば、もう思い切ってプロミスに一本化するのもアリです。その方が限度額もどんどんあがりますし、限度額に応じて金利もさがりますので、お得がいっぱいになるのです。

 

24時間来店不要

プロミスは現代のライフスタイルに合わせた事業展開を行っていますので、もはや来店不要で借り入れすることができます。店舗に行かずとも身分証明書と収入証明をカメラで撮影し、ホームページから必要事項を記入して添付するだけでいいのです。

それですぐさま審査が行われて借り入れが可能かどうか判断されます。パソコンだけでなくスマホからもできますし、スマホでやりとりが完結も対応可能ですので、外出先からでも大丈夫なのです。これならば日本全国どこにいても、最短即日で融資を受けることが可能です。

どうしてもお金が必要な場合、緊急で必要な場合などは書類をそろえてプロミスのホームページにアクセスしましょう。最短で24時間以内に振り込んでもらえます。

 

返済は全国のATMで

プロミスは大手ですので全国にATMがあります。ですのでいつでもどこでも返済が可能です。もちろん早く返済すればするほど金利が節約できますので、お金に余裕ができたらすぐにでもATMに行って返済するのがいいでしょう。コンビ二などでも返済はできますので、できる限り計画的に返済してください。

 

CM効果でイメージは向上中

消費者金融と言うとイメージは良くないかもしれませんが、プロミスはしっかりとCMを行っており、イメージ戦略を行っています。

特に若者向けのイメージは向上しており、また母体がSMBCグループと言うことでしっかりとしています。怪しい金融業者では決してありません。

借入限度額は最大500万円までで、実質年率も最大17.8%と低めです。少なくともクレジットカードでキャッシングするよりは有利な金利で借りることができるでしょう。

Pocket
LINEで送る



関連記事