わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

トップ・マネジメントのファクタリング事業資金調達

トップマネジメントのファクタリング事業資金調達

最近注目の資金調達方法、ファクタリング事業をしているトップ・マネジメントをご紹介じゃ
利用の流れ
  1. ファクタリングお申し込みフォーム等からの申込
  2. 審査
  3. 面談
  4. 契約
必要書類
  • 決算書、試算表
  • 過去・直近の取引、入金が確認出来る書類
  • 取引先との基本契約書 (無い場合は応相談)
  • 成因資料 (発注書・納品書・請求書

書類さえ揃っていれば即日融資も可能との事

審査は厳しい?

審査自体はファクタリング形式のため売掛先の信用状況によって審査されます。通常の銀行融資だと融資申込をした企業自体の審査になりますので、審査先が通常の融資とは異なる事が特徴です。

例えば銀行融資が断られたとしても、ファクタリングであれば売掛先の信用状況での審査になるので全く違った視点からの審査になり通る可能性があります。基本的には銀行融資よりは充分審査は通りやすいです。

口コミ、評判は?

HPを見てもわかるようにとても丁寧な対応をしてくれるという口コミがあり信頼できる会社のようですね。評判も悪い事は聞きません。

メリット

銀行融資が受けられない企業でも資金調達できる可能性があります。ファクタリングは融資ではないため貸借対照表上は負債として計上されません。
銀行融資で資金調達した場合と比べて貸借対照表は悪化しません。よって取引銀行の評価にも影響を与えません。

また売掛金を買い取ってもらう事になるのでもし、売掛先が倒産したとしてもリスクは㈱トップマネジメントが負う事になるので売掛金未回収のリスクがなくなります。

未回収の売掛金を現預金に変えるのでキャッシュフローが改善して資金繰りが安定します。

まとめ

ファクタリング業者というとまだ日本では一般的にはファクタリングの認知度が低いためか、闇金、もしくは高利貸しかもしれないという怪しい目で見られてしまう事もあるかもしれませんが、決して怪しいものではありません。

銀行融資に割引手形という手法があり、細かい所はちがっているけど、それと似ている手法ですので立派な資金調達の方法であります。

今後はどんどんこういった銀行融資以外の新しい資金調達が増えていくと思います。

売掛債権のサイトの長期化は事業をしている方ならば非常に悩みの種となっているのではないでしょうか。

先に到来する支払いに備えるためにも銀行融資だけでなく色々な資金調達の方法を検討する必要があると思います。

確かにファクタリング業者の中には闇金まがいの悪質な業者もあるようですが、㈱トップマネジメントは良心的な会社ですので資金調達の選択肢の一つに入れてもいいと思います。



Pocket
LINEで送る

関連記事