わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

ファクタリングとは

自営業者の強い味方。ファクタリングサービスについて解説じゃ。
ファクタリング

切羽詰まっているときに当日中にどうしてもお金が必要な場合はファクタリングによる融資を受けることも候補の一つです。
ファクタリングとは企業が持っている売掛債権を買い取ってくれるサービスです。
イメージとしては手形割引に近いでしょう。

債権の回収はもちろん買い取った側がしてくれますのでこちらは売った後は何もしなくてかまいません。
つなぎ融資としてはもってこいのサービスかもしれません。
しかし必ずしもいいことばかりではありません。
手数料もかかりますし、売掛の相手は法人に限るなどの制約もあります。

しかし、使い方によってはとても役立つサービスですので、詳しく見ていきたいと思います。
2016y09m14d_125747230

ファクタリングの手順
  1. 申し込み、ファクタリング会社と打ち合わせ
  2. 売掛先からの承諾を得て債権譲渡通知
  3. ファクタリング業者と契約
  4. 売掛の買い取り金額が入金される
  5. 売掛先からファクタリング業者へ売掛金の入金
  6. 前回入金された分と手数料がひかれた残りの金額が即日振り込まれる
ファクタリングのメリット
  • 貸倒リスクを回避できる
  • ※一般的な償還請求権なしの債権譲渡を行うファクタリング会社を選んだ場合

  • 期日前に金銭化することができる
  • 手形もOK
  • 来店不要
  • 保証人・担保不要
  • 最短即日
  • 全国対応
  • 融資ではないのでビジネスローンよりも審査は通りやすい
ファクタリングのデメリット
  • 支払代行手数料が高い
  • 売掛先の企業に説明をして承諾を得なければならないので、業者を利用した情報が筒抜けになる(3社間ファクタリング)
  • ※売掛先に知られないファクタリングの手法もある(2社間ファクタリング)

  • 売掛先の企業やファクタリング業者との交渉に時間がかかることもある
ファクタリングの簡単な無料見積もり

ファクタリング事業資金調達7秒無料お見積り【トップ・マネジメント】

入力する項目は

  • 希望する金額
  • 会社所在地
  • 売掛金の合計金額
  • 会社名
  • 個人名
  • メールアドレス
  • 電話番号

の7項目を入力するだけで簡単な見積もりを取ることができます。

まとめ

ファクタリングはメリットも多く、使いようによっては心強いサービスです。
特に期日前に現金を入手できる甘美さは、一度味わってしまうとやみつきになってしまいます。

しかしデメリットも大きく、本来であれば満額受け取れるはずの売掛から高い手数料を取られてしまいますし、売掛先の企業にもファクタリングサービスを使ったことが分かってしまいます。
売掛先に知られないファクタリングの手法もありますが、その分手数料も高くなります。

博士としては資金繰りに困った場合でも、可能な限りはビジネスローンや通常のカードローンで資金繰りをしていったほうがトータルで考えた時にプラスだと思います。



Pocket
LINEで送る

関連記事