わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

レイクアルサの審査の流れと・即日融資の方法を解説


新生銀行が新しく作った消費者金融、レイクアルサについてご存知でしょうか。

レイクアルサは元々、新生銀行が行っていた銀行カードおローンのレイクとは全く別のサービスです。

レイクアルサの審査の流れと、即日融資の方法を解説します。

レイクとレイクアルサの違い

 

『レイクとレイクアルサ、ちょっとサービス名が変わっただけでしょう?』と思っていないでしょうか。
新しく出来たレイクアルサは銀行カードローンであったレイクとは運営会社が違います。

旧レイクは新生銀行が運営するカードローン事業サービスの名称でした。
銀行が行うローン事業ですので、法律上は「銀行法」が適用され、総量規制の対象外になります。
それに対して、レイクアルサは新生銀行グループが出資した新しい消費者金融です。
適用される法律は「貸金業法」が適用されますので、当然総量規制の対象となります。
つまり、年収の3分の1を超えた融資はレイクアルサでは出来ない事になる訳です。

一方で、『金利』、『貸し付け条件』、『30日間か5万円まで180日間の無利息サービスが選べる』という点は、レイクのサービスをレイクアルサが引き継いでいますので、大きく違いはありません。
「銀行カードローン規制の動きから、新生銀行が新しい消費者金融を作った。」と考えるといいでしょう。

 

借り入れまでの流れと審査内容

 

レイクアルサの借入までの流れは以下の様になります。
申し込み方法にはweb・電話・来店の申し込み方法がありますが、ほとんどの人がwebを選ぶと思われますので、webで申し込みをした場合の流れを解説します。

STEP1 申込~審査
webで情報を入力し申し込むと、仮審査が行われて結果が次の画面に表示されます。
仮審査にかかる時間は『30秒程度』ですので、この仮審査の時間は他の大手消費者金融より早そうです。
仮審査に合格したら、申し込んだ携帯電話番号に電話がかかってきて、これからの手続き、在籍確認について説明されます。
確認の電話の後、勤務先へ『在籍確認の電話』が行われ、審査は終了です。(※在籍確認の電話は必ずしも全ての顧客に対して行うわけでは無いようです。)

STEP2 契約
契約ではwebから必要書類を提出し、専用ページでアップロードしていきます。
自動契約機や公式アプリを利用して提出する事も可能です。
契約の完了後、信用情報機関のチェックをして情報に誤りが無ければ審査通過となります。

STEP3 借入
契約完了するとレイクアルサ側で信用情報機関の情報チェックが行われます。
信用情報機関のチェックも終わり問題が見つからなかったら、メールや電話で連絡が来て審査は完了です。
後は振込み融資や新生銀行ATI,コンビニATMからお金を借りて融資金を受け取る事が出来ます。

即日融資の方法(条件)

レイクアルサは審査速度が速く、即日融資が受けやすいキャッシングローンです。
パソコンで契約する場合と、自動契約機で契約をする場合で流れを見ていきましょう。

パソコンで契約する場合

仮審査まで終了して、インターネットで契約する流れは、
ステップ1 インターネットで契約
ステップ2 会員ページから平日14時45分までに振込依頼をかける。その日の内に銀行口座に送金
と言った流れになります。

注意したいのは銀行振り込みの場合、銀行営業時間内に手続きを行わなければ即日融資が受けられない点です。
夜間や土日祝日であると、振込み融資で即日融資を受ける事が出来ません。
そのため、振込みで融資金を受け取る場合は『平日14:45まで融資申し込みをしておく必要がある。』、『土日祝日、夜間に即日融資を受けたいなら自動契約機を利用する』と覚えておきましょう。

自動契約機で契約する場合

自動契約機で契約して、即日融資を受ける流れは、
ステップ1 自動契約機に赴いて契約(当日の融資は8時~22時、第3日曜日は8時~19時)
ステップ2 カード発行、新生銀行ATMやその他提携ATMから融資金を引き出す
と言った流れになります。

レイクアルサの自動契約機は、「新生銀行レイク」の自動契約機と同じです。
土日祝日、夜間でも融資を受ける事ができて銀行が開いていない時間に即日融資を受けたいなら自動契約機で契約して、カードを受け取りましょう。

レイクアルサの審査は通りやすいのか?

複数社から借りている人は『レイクアルサの審査難易度』には興味あると思います。
レイクアルサは審査通過率を公表していませんが、取り巻く環境からある程度予想する事が可能です。

旧銀行カードローンレイクは銀行カードローンの中では審査通過率が高い方でしたが、大手消費者金融と比べると見劣りしていたとされています。
恐らくレイクアルサも同じ審査体制を継続していると考えられるでしょう

以上の点から、レイクアルサの審査通過率は大手消費者金融と同じ位か少し通りにくいと思われます(おそらく同じ新生銀行グループの消費者金融、ノーローンと同じ位)。
借入先件数が多い人等は審査落ちする可能性は高くなるので、借入先を整理してから申し込みましょう。

公式スマホアプリの概要

レイクアルサでは公式スマホアプリ『e-アルサ』を用意してくれています。
e-アルサでは、

①20時まで申し込むと、当日の借入が可能。
②アプリ内のカメラ機能で書類が提出できる
③スマホの会員ページのコードで提携ATM(セブン銀行ATM)を操作できる
④アプリから借入状況、返済予定、契約状況を確認できる
⑤生体認証対応しており、スマホによってはより安全な取引が可能

と言った機能がついています。

特に便利なのはスマホでセブン銀行ATMを操作できる点です。

即日融資を受ける時の時間の制約や自動契約機に行く手間が解消されます。

便利なe-アルサ、是非利用してみてください。

口コミ

レイクアルサの口コミには以下のようなものが良くみられます。

『審査が早い』

仮審査には、他の大手消費者金融では30分程度かかっていましたが、レイクアルサではインターネットで申し込んだ場合、画面推移で直ぐ審査結果が出るようになっています。
一際審査が早いという口コミが多くみられます。

『無利息期間が選べるのは便利』

レイクアルサでは初めて利用する顧客に対し、30日間の無利息期間か180日間5万円までの無利息期間を選べるようになっています。
旧レイクでも同じサービスでしたが、180日間の無利息期間を選べるのはうれしいという口コミを良く見ます。

『あまりレイクと変わらなくて残念』

レイクアルサは、銀行カードローンの規制強化を受けて半ば脱出的に消費者金融へと事業移動で作られた形になっています。

業態が消費者金融になっただけで、実はサービス内容がほとんど旧レイクと変わらないので目新しさが無いと言う意見が多くみられました。

メリット・デメリット

新しく出来た消費者金融、レイクアルサは既存の銀行カードローンや消費者金融と違いが出てきているようです。

レイクアルサを他の銀行カードローンや消費者金融と比較した時のメリット、デメリットについて解説します。

審査スピードは圧倒的に早い

レイクアルサにインターネットから申し込んだ時、入力が終わると30秒程度で審査結果の画面に移ります。

この仮審査のスピードの速さは、銀行カードローンはおろか、他の大手消費者金融も圧倒していると言えるでしょう。

急ぎで融資を受けたい人はレイクアルサを利用してみるといいでしょう。

金利は高い

レイクアルサの金利は、
契約限度額が
1~999,999円で15.0%~18.0%、
1,000,000~2,000,000円で12.0%~15.0%
2,000,001~3,000,000円で9.0%~15.0%
で上限金利はほとんど利息制限法一杯になっています。

300万円超以降は7.0%、最大4.5%まで下がりますが、総量規制の関係で大きな限度額を与える事は出来ません(300万円の限度額でも年収900万円が最低必要)

他の銀行カードローンはおろか、大手消費者金融より限度額に対しての上限金利の下げが緩やかなのはレイクアルサのデメリットです。

総量規制が適用され、中途半端になった

銀行カードローンは総量規制が適用されず、限度額を多く設定できた可能性がありました。

一方レイクアルサは消費者金融なので総量規制の対象となるようになってしまいました。

他の消費者金融と同様。総量規制の対象になり、大きな金額を借りにくくなったのはレイクアルサのデメリットと言えるでしょう。

まとめ

レイクとレイクアルサ、一番の違いはレイクアルサが消費者金融になった点です。

総量規制に該当するようになり、年収の3分の1以上は借りる事が出来なくなった点は大きな変化と言えるでしょう。

レイクアルサが出来て公式スマホアプリをリリースし、アプリでセブン銀行ATMを操作出来るようになる等、一定のサービス向上が見られたものの、金利、サービスは銀行カードローンレイクをそのまま受け継いでいるので大幅な変更は無さそうです。

レイクアルサの審査難易度も下がったというわけではなさそうですので、審査を受ける時は信用情報を良くしてからのぞみましょう。

審査スピードは圧倒的に早くなったので、一刻も早く融資を受けたいという人はレイクアルサを検討してみてください。

 

>>レイクアルサ公式ページ

Pocket
LINEで送る