わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

三井住友銀行カードローンを解説!【業界大手で人気!】

チェックポイント その1
三井住友銀行カードローンについて解説じゃ。

SMBCカードローン

口座が無くてもOK!

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行に口座が無くても申し込めます。

即日振込

三井住友銀行カードローンは即日振込には対応していませんのでローン契約機でカードを受け取る必要があります。(郵送でもカードを受け取ることはできますが、数日かかります)
ローン契約機の営業時間は21時までですので遅くても20時半までには申し込みを済ませておかなければいけません。

パート・アルバイトでも借りれるのか?

パート・アルバイトの方でもOKです。安定した収入があれば申し込みが可能です。

銀行カードローンならではの低金利

最高金利は14.5%と決して高くはないもののみずほ銀行カードローンの14.0%には若干見劣りします。
三井住友銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATMなど、幅広いATMで利用できて、なおかつATM手数料や時間外手数料もかからないため、土日など場合によってはご自分の銀行預金を引き出すよりもカードローンで借りて月曜に返したほうが金利が手数料よりも安くなる場合もあります。SMBCポイントパックを契約している口座をカードローンの返済用預金口座に指定すれば、その口座の三井住友銀行ATMでのATM時間外手数料等が無料になるのでお得です。

無利息サービス

三井住友銀行カードローンに無利息期間のサービスはありません。
無利息サービスは主にプロミスやアコムなどの消費者金融が行っているサービスです。銀行カードローンで無利息期間のサービスを受けたいのであれば新生銀行カードローン レイクがおすすめです。

簡単申込と通常申込の違い

通常申込の他にかんたん申込もあり、通常申込より気軽に少ない項目の入力で申込めるようになっています。ただし30万円までの申込みに限ります。ですのでちょっとした金額だけ借りたい人などに合ったカードローンです。
通常申込は入力必須項目が30種類以上ありますがちゃんと自分をわかってもらって審査してもらわないといけないので仕方ないですかね。ちなみに申し込みの画面的には他のメガバンクと比べても項目入力の画面がきれいで見やすいですし、数字であったり全角カナであったりと何を入力すればいいのかわかりやすいのがプラスのポイントです。
審査結果の連絡を自宅か携帯か勤務先のどこにしてもらうか選べます。その際に申し込みの時に入力した「好きな言葉」が必要になるところが特徴的です。

実質年率 4.0~14.5%

ご契約極度額 お借入利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%
ご利用いただける方 お申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入のある方。三井住友銀行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方。
使いみち 自由(事業資金は除く)
返済方法 毎月ご指定日にご返済(毎月5日、15日、
25日、月末)
ATM入金、振込入金、口座振替のいずれか

約定返済時の借入残高 約定返済金額
お借入残高とお利息の合計金額が1万円未満の場合 お借入残高とお利息の合計金額
2千円未満 約定返済時における借入残高全額
(ただし、2千円を上限)
2千円以上50万円以下 10万円以下の場合2,000円、
以後、当座貸越元金が10万円増すごとに2,000円を追加
50万円超300万円以下 60万円以下の場合11,000円、
以後、当座貸越元金が10万円増すごとに1,000円を追加
300万円超500万円以下 350万円以下の場合40,000円、
以後、当座貸越元金が50万円増すごとに5,000円を追加
500万円超800万円以下 600万円以下の場合60,000円、
以後、当座貸越元金が100万円増すごとに5,000円を追加
在籍確認 あり
即日融資 可能
即日振込
来店の必要 なし
必要書類 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)等)
最大ご融資額 800万円(10万円単位)
遅延損害金 年19.94%

Pocket
LINEで送る

三井住友銀行カードローン

関連記事