わかりやすい比較と解説で初めてのあなたにもピッタリなカードローンをご紹介

キャッシングで限度額の増額したいけど審査に失敗しない方法は?

利用限度額を増額するためのテクニックを紹介じゃ。
20110429211218575
増枠のために印象を良くしておく

キャッシングには利用限度額が定められていますが、それよりも多くの金額を借りたい…と思うこともあると思います。そういった場合には、キャッシング枠の増額を行いましょう。通常、利用限度額は最初は低く設定されています。この設定された利用限度額を増額するためのテクニックを紹介しましょう。

まずは延滞することなく期限内にちゃんと返済していく、ということです。これは、お金を借りたわけですから決められた日時までに返すことは当たり前のことです。貸す側も「延滞することなくきちんと返済期日を守ってお金を返してくれる、信頼出来るお客さん」に、より多くのお金を貸したいでしょう。ですので、延滞せずきちんと返済していくことが重要になってきます。基本的に半年~1年、延滞なく返済した人は増額することが出来るといわれています。

そしてまとめて返済するのもいいですが、毎月の返済額をそのまま返していくというのも好印象です。なぜなら貸す側は長期にわたり細く長く利用してくれるお客さんを逃したくはありませんので延滞なくきちんと継続的に返済してくれるお客さんを望んでます。そのように付き合っていると信用を置いてもらえてキャッシングの枠も増額してもえやすくなります。

また増額を大きく希望しないことも大事です。利用限度額を自動的に上げてくれるキャッシング会社もありますが、近年法律が厳しくなってから、自分から言わないと利用限度額を増額してくれない会社も増えてきました。増額希望の時、具体的に「○○万円増額してほしい」と希望を伝えると思いますが、その時にあまり大きく希望しないことが大切です。

このようにキャッシング枠の増額は、きちんと返済し滞ってない人ならば増やすことが可能です。まとまったお金が必要になった時、新しい借り入れ先を探す前に、キャッシング枠の増額ができないか一度利用しているキャッシング会社に相談してみるのも良いでしょう。

キャッシングの限度額は預金残高ではありません
キャッシングは「借金」だということを忘れてはイカンぞ。
女性 主婦 家計 貯金

キャッシングはお金がないときにとても便利です。借入の際は自分の口座からお金を下ろすようにATMから簡単に借入出来ますので、自分の預金のように考えてしまう人がいます。
キャッシングは「借金」だということをキチンと認識しておかなければなりません。

キャッシングを何度か利用していると感覚がマヒしてそのうちキャッシング限度額は自分の預金残高だと錯覚してしまい預金の引き出しと同じ感覚になってしまう場合があります。

また最近のカードローンはリボルビング払いを使って毎月一定額返済するようになっていますので、多額の借入をしても返済額は変わりません。そのため利用者は返済を楽に感じ更に利用に拍車がかかってしまうようになります。

キャッシングは「借金」をしているということを忘れてはなりません。お金を借入することにより利息の支払いにも応じているわけです。借入期間が長くなればそれだけ利息分を払うことになります。借入額が膨らみすぎると毎月利息ばかり払って元金が減っていかない状況に陥る危険性があります。

まだ返済出来てるうちはいいですが、限度額に達し借りれなくったので他から借入し多重債務となり支払いがおいつかず、しまいには破たんに追い込まれる可能性がありますので注意しましょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

博士おすすめのカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、申し込みの際にお客さまの希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでの利用をどちらか選べます。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
2.0%~14.0% 最大800万円 - 不要 不要
ここに注目!
  • 最高金利14%でお得。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
20150310追加

プロミス

パート・アルバイトなどでも安定収入があれば利用可能で24時間、審査も可能。平日14時までにWEB契約が完了すれば即日での融資も可能!土日祝日も対応。初回利用で30日間無利息というサービスも受けられます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
実質年率 限度額 審査時間 来店の有無 担保・保証人
4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 不要 不要
ここに注目!
  • 最短即日。最高金利が少し安い
  • 土日の即日融資にも対応!